2017年02月28日

【質問特集2】法人が運営できる営利事業について

質問こんにちは!今日は、ある学校会計の研修会での御質問を特集しています。幼稚園さんからの御質問です。

 

<Q2>法人が運営できる営利事業について

 自力で収入を増やすために課外授業を考えていますが、営利事業はできないといわれています。法人でも運営できる営利事業を教えてください。(たとえば、レストラン、英会話教室などOKでしょうか)

 

<A2>

 細かいことを言うと学校法人で行うことのできる収益事業の種類は、所轄庁の告示で決まっていますが、通常、常識で考える収益事業はほとんどができます。

 まず、幼稚園法人できる収益事業の種類ですが、一般論では、2つのケースが多いです。

(1)施設を貸す

 通常は「空き教室」等を貸すようにケースが考えられます。

 幼稚園では、施設設備利用料収入を受け取ることになります。

(2)○○教室を開く

 英語、体操、バレイ、音楽、絵などの教室があります。

 なお、所轄庁の告示では学習塾はできないことになっています。

 

 さて、各論です。

(1)レストランの経営

 レストランの解説に初期投資がかかり、開業後も競争も厳しい世界ですので、慎重な検討が必要でしょう。

 なお、所轄庁の告示では、飲食業はできるのですが「料亭」、「酒場、ビヤホール」、「バー、キャバレー、ナイトクラブ」はできないことになっています。

 

(2)英会話教室

 幼稚園でよく耳にする教室です。

 園児が楽しそうなこと、また保護者目線で満足を得やすいことから(顧客の二重性)、幼稚園に向いている教室の一つです。

 

 以上、ご参考になれば幸いです。



kaikei123 at 07:10│Comments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字