【寄附行為作成例27/45】(資産)第27条【寄附行為作成例29/45】(基本財産の処分の制限)第29条

2016年09月07日

【作成例寄附行為28/45】(資産の区分)第28条

プリンター5

こんにちは! 学校法人寄附行為作成例の各条のミニ解説をしています。今日は、5章資産及び会計から(資産の区分)第28です。

 






寄附行為作成例

5章 資産及び会計

(資産の区分)

28条 この法人の資産は、これを分けて基本財産、運用財産〔及び収益事業用財産〕とする。

2 基本財産は、この法人の設置する学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金とし、財産目録中基本財産の部に記載する財産及び将来基本財産に編入された財産とする。

3 運用財産は、この法人の設置する学校の経営に必要な財産とし、財産目録中運用財産の部に記載する財産及び将来運用財産に編入された財産とする。

〔 4 収益事業用財産は、この法人の収益を目的とする事業に必要な財産とし、財産目録中収益事業用財産の部に記載する財産及び将来収益事業用財産に編入された財産とする。〕

5 寄附金品については、寄附者の指定がある場合には、その指定に従って基本財産、運用財産〔又は収益事業用財産〕に編入する。


 


【ミニ解説】

1.本条の趣旨

 本条は、資産を財産目録に記載するにあたり資産の区分表示の書式を締めています。本条の資産区分は、私立学校法施行規則第2条第6項に従ったものです。

 


2.少し説明

 私学法第25条では、学校法人の資産について、「,修寮瀉屬垢觧篶学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金」並びに「△修寮瀉屬垢觧篶学校の経営に必要な財産(運用財産)」を有しなければならないと定めています。これは、安定した教育事業を継続して行うためには、学校の確実な経営的基礎が不可欠だからです。

 そして、上記の2種類の財産について、私立学校法施行規則第2条第6項においては,魎靄楮盪此↓△魃人兀盪困箸靴討い泙后

資産の区分

内容

コメント

基本財産

学校法人の設置する私立学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金をいう。


 

運用財産

学校法人の設置する私立学校の経営に必要な財産をいう。


 

収益事業用財産

収益を目的とする事業に必要な財産をいう。

収益事業を行う場合のみ出てくる


 


 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) 【法】寄附行為作成例・逐条ミニ解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【寄附行為作成例27/45】(資産)第27条【寄附行為作成例29/45】(基本財産の処分の制限)第29条