【税金】出張旅費から引く源泉税【基本金】新学部の開設と基本金の取崩の可否

2016年06月16日

【登記】財産目録って何だ??

内部統制2こんにちは!今日は、高校法人の理事長先生からのご質問です。

 

<Q>財産目録って何だ??

 事務長が「資産の総額」の登記がいるのでハンコを下さいと来ました。この時、財産目録を持ってきたのですが、財産目録って何ですか?

 

<A>

 高校の計算書類は、学校法人会計基準に従って作ります。

 これに対して、財産目録私立学校法に従って説明責任を果たすために作成し、学校に備置・閲覧することができるようにしておく書類です(私学法47条)。

 財産目録については、実は、寄附行為を見ると書いてあることが多いです。

 下記は、大学法人向けの寄附行為作成例ですが、知事所轄法人も似たような寄附行為が多いです。

大学法人向けの寄附行為作成例

5 章 資産及び会計

(資産)

27条 この法人の資産は、財産目録記載のとおりとする。

(資産の区分)

28条 この法人の資産は、これを分けて基本財産、運用財産〔及び収益事業用財産〕とする。

2 基本財産は、この法人の設置する学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金とし、財産目録中基本財産の部に記載する財産及び将来基本財産に編入された財産とする。

3 運用財産は、この法人の設置する学校の経営に必要な財産とし、財産目録中運用財産の部に記載する財産及び将来運用財産に編入された財産とする。

 ……(以下略)

 

財産目録等の備付け及び閲覧)

36条 この法人は、毎会計年度終了後2月以内に財産目録、貸借対照表、収支計算書及び事業報告書を作成しなければならない。

2 この法人は、前項の書類及び第16条第3号の監査報告書を各事務所に備えて置き、この法人の設置する私立学校に在学する者その他の利害関係人から請求があった場合には、正当な理由がある場合を除いて、これを閲覧に供しなければならない。

 

(資産総額の変更登記)

37条 この法人の資産総額の変更は、毎会計年度末の現在により、会計年度終了後2月以内に登記しなければならない。

 

 事務長がハンコをもらいにきた財産目録は、どこの学校での私学法で作成する書類なので、全学校法人が作成します。

 「資産の総額」の変更登記については、学校法人の資産の総額は、通常毎年度変わるので、全学校法人が5月末までに変更登記を行うことになっています(組合等登記令3)

 

 また、財産目録のひな型についてですが、都道府県知事から指示がある場合はそれに従いますが、一般的にひな型は、「私立学校法の一部を改正する法律等の施行に伴う財務情報の公開等について(通知)」(平成16年7月23日16文科高第304号)の様式参考例が参考になります。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:30│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【税金】出張旅費から引く源泉税【基本金】新学部の開設と基本金の取崩の可否