【知事所轄】計算書類の作成の省略【税金】教職員の子女の減免と所得税

2016年07月27日

【厳守】寄付金と周辺会計の取扱いが厳しくなった?!

指導

こんにちは!今日は、大学法人の方からのご質問です。




<Q>寄付金と周辺会計の取扱いが厳しくなった?!

 ここ1年、周辺会計が問題となりました。寄付金の取扱いも厳しくなったと思うのですが、具体的にどうなったのですか?



<A>

 平成27年331日に文科省より「学校法人における寄付金等及び教材料等の取扱いの適正確保について(通知)」(H27.3.3126高私参第9号)が発出され、ここに説明があります。

2 6 高私参第9 号

平成2 7年3月3 1

文部科学大臣所轄各学校法人理事長殿

文部科学省高等教育局私学部参事官

氷見谷直紀

(印影印刷)

学校法人における寄付金等及び教材料等の取扱いの適正確保について(通知)



 保護者等関係者からの寄付金等の取扱いについては、平成1410月1日付け文科高第454号文部科学事務次官通知「私立大学における入学者選抜の公正確保等について」により、お知らせしているところです。

 各学校法人においては、適切に会計処理が行われていることと存じますが、今般、一部の学校法人において、教育研究に直接必要な経費に充てられるべき寄付金及び保護者等から徴収している教材料等について、不適切な取扱いが行われているという事態が発生しました。

 ついては、上記通知の趣旨を再度御理解いただき、学校法人が保護者等関係者から教育研究に直接必要な経費に充てるために受け入れた寄付金等は、すべて学校法人が直接処理し、学校法人会計の外で経理することなどがないよう、改めてお願いいたします。

 また、教材料等の取扱いについても学校法人会計基準の趣旨にのっとって適切に処理されるようお願いいたします。

 あわせて、新学校法人会計基準が平成27年4月1日から適用となることも踏まえ、従来からの慣行にとらわれることなく、会計処理の全般にわたり、必要に応じて点検や改善を行うほか、内部監査機能を強化するなど経理の適正を期すようお願いいたします。


 


 簡単に言うと、寄付金等をもらう場合の取扱い、周辺会計の取扱いがより厳しくなったわけです。



 なお、この取扱いは同日発出の26高私参第10号通知で各都道府県知事にも「貴職におかれましては、上記通知内容を御理解の上、これを参考として所轄学校法人に対して、引き続き適切に指導されるようお願いいたします。」としています。簡単に言うと、できるだけこの通知に従って所轄法人を指導下さいとのことです。



 今日は、ここまでです。


 


 


 


 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ■■ 収入/寄付金収入 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【知事所轄】計算書類の作成の省略【税金】教職員の子女の減免と所得税