【内訳表】資金収支内訳表の部門作成ルール【基本金】「年度一括対応方式」って何だ??

2016年04月06日

【基金】取崩し型の第3号基本金の可否?!

支払資金こんにちは!大学の理事さんからのご質問です。







<Q>取崩し型の第3号基本金の可否?!

 奨学制度を支援する基金を考えているのですが、当初のファンドだけでは利息が少ないため元本の一部を取り崩した基金になりそうです。この場合、第3号基本金の基本金にできるのですか?



<A>

 第3号基本金の定義は、基準にあります。ここでは、第3号基本金とは「基金として継続的に保持し、かつ運用する金銭その他の資産の額」(基準303号)とあります。つまり、もし基本金が100だとすると次のようになります。

貸借対照表

3号基本金引当特定資産100

     ↑

継続的に保持し、運用する

3号基本金 100

     ↑

右資産の額




 第3号基本金引当特定資産100は、継続的に保持し、運用する資産となります。ですから、元本取崩し型の第3号基本金は基準の定義からしてあり得ません。



 第3号基本金を取り崩すことができるのは、「その諸活動の一部又は全部を廃止した場合」です(基準31条 法もう少し分かりやすく言うと、奨学金制度の一部又は全部を廃止する場合に限られます。もし取崩し型の基金を行う場合は、第3号基本金を組み入れないで、通常の奨学制度引当特定資産のような資産で行うことになります。



 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 基本金 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【内訳表】資金収支内訳表の部門作成ルール【基本金】「年度一括対応方式」って何だ??