【CF】活動区分資金収支計算書に予算欄がない理由??【季節】今日から12月!プリムラの花!

2015年11月30日

【運営】監事監査の実務

理事2こんにちは!今日は、高校の監事さんからのご質問です。

 

<Q>監事監査の実務

 今年度より監事になったのですが、監事監査の実務の実例があれば教えて下さい。

 

<A>

 大学法人の監事向けの研修会資料ですが、平成26年度文部科学省の監事研修会から有識者の研修会の部分を参考にしてのご回答です。

 高校法人は、大学法人ほどの規模がありませんが、参考になる部分が多いです。

 

【A大学法人】

1.監査の基本方針は

 次の監査を通して、理事及び関係者に問題点に気づいてもらうだけでなく、改善されるように適切な助言や勧告を行うことにより、それが解決され是正された状態で定着されるように努める。

妥当性監査

政策内容及び業務の執行が、建学の精神・理念や社会の要請に合っているか、また将来計画に基づいたものになっているかなど、その適正・妥当性を監査する。

適法性監査

政策内容及び業務の執行が、法令及び寄付行為などの諸規則に準拠して、適正になされているか監査する。

財務・会計監査

会計業務が「学校法人会計基準」に準拠し、かつ財産は適正に保たれているか財務的視点から監査する。

三様監査

会計監査人及び監査室と連携して監査する。

 

2.実効性を高める「監査計画」の工夫

 理事・評議員及び多くの学内関係者等に、監事監査計画の内容と共に監事監査の必要性を理解してもらうように努める。

監査計画発表の際に、「監査計画書」と共にレジメ「監事監査計画にあたって」を毎年配布し、監事の役割・職務内容に触れながら、次の点等も伝える。

・教学監査も対象である。

・指摘内容に対し適切な対応がなされない場合には所轄庁(文部科学省)に報告する。

「重点監査項目」を定めて伝える。

常勤監事と非常勤監事の役割を伝える。

 監査ポイントも多岐にわたるので、個人でなくチームで対応

監査内容とその方法を伝える。

 

3.如何にして有効な情報や証拠を収集するか

 懐疑心を持って行うことは必要ではあるが、あらゆる機会をとらえて「監事は学校の健全な維持発展のために活動していること」を理解してもらい、協力が得られるよう良好なコミュニケーションに努める。なお、各種情報の守秘義務は当然である。

重要な会議には出席する。

 

 

理事会、評議員会、常務理事会、常任委員会、経営執行会議、各業務委員会、各懇談会、予算折衝会議等

重要書類は閲覧する。

決裁文書、会議議事録、契約書、その他報告書等

ヒアリング

事情聴取

各部署への往査

知恵は現場にあり!

 

4.教学監査にどう取り組むか

 学校法人の業務監査では教学監査は中心的課題でもあり、「個々の教員の教育・研究の内容まで立ち入ることは適当でない」(文科省のQ&Aより)とあることからも、あまり難しく考えずに取り組んで良いのではないか。

「教育の質」と「学校運営」とを念頭に置いて検討すべき課題が多い。

 (ある事例)

確認すべき具体的な事例

 ・自己点検・評価への取り組み状況

 ・受験生の確保方法と結果の状況

 ・留年、除籍、中途退学者の状況

 ・進路・就職についての指導状況

 ・学生・生徒・児童・園児、保護者の満足度

 ・教職員の採用と研修(FD・SD)の取り組み状況

 ・各設置学校別の事件・事故・訴訟状況

 ・学生等の健康管理状況

 ・教員の研究費の適正な使用状況

 ・学部学科の新増設状況

 ・グローバル化の推進状況

 ・社会貢献、地域貢献状況

 ・生涯学習への対応状況等々

 

5.三様監査の内容

 監事・内部監査室・会計監査人の役割が異なることから、連携を強化し補い合って活動する。

(1)内部監査室との連携

定期的に業務連絡会を持ち、情報交換や補完的な相互連携を図る。

内部監査室監査報告書公布の際に立ち会い、監査実施報告書を閲覧する。

内部監査室指摘事項のフォローアップ状況を把握する。

(2)会計監査人との連携

定例的に会合を持ち、相互に監査計画・経過・結果の報告を行い、意見・情報交換を行う。

会計監査人監査の際に立ち会うこともある。

会計監査人指摘事項のフォローアップ状況を把握する。

 

6.監査意見の実効性を上げる工夫・・・「夕陽のガンマン」の効果は?

監査記録を作成し、それをもとに情報や資料をまとめる。

「監事会」を毎月実施して監事間で監査内容を議論し、監査意見をまとめる。

著しく妥当性を欠いているとか違法性のおそれのある場合には、その都度意見を述べ、会議でも発言する。

「フォローアップ監査」の実施とその結果も伝える。

監査報告の際、評議員会(または理事会)で監事意見を表明する。

 

7.予防監査の推進・・・・「カーナビ」的役割が必要

監査意見ではできるだけ改善提案を行う。

監事による「コンプライアンスセミナー」などを実施する。

 

8.非常勤監事の役割

(常勤と非常勤の監事がいる場合の例)

客観性を重視し、学外からの情報提供や業務全般に対する意見具申をする。

原則として、「理事会」、「評議員会」、「会計監査人による監査講評」には出席する。なお、必要に応じてその他の会議にも出席する。

毎月開催の「監事会」に出席し、監事間で監査内容に関する意見交換をする。

常勤監事と協議の上、必要に応じて調査・ヒアリング・往査などの監査を実施する。

学内コンプライアンス遵守等のために啓発活動(セミナー講師等)を行う。

常勤監事に事故ある時は、常勤監事の業務をできる範囲内で実行する。

(非常勤監事だけの場合)

 

【B大学法人】

1.監事に必要な適格性

 ・専門的知識、能力、意欲

 ・独立心と正義感

 

2.監事監査の目的と基本方針

 ・監事監査基準

 ・監査環境の整備と環境の理解

 ・適法性監査

 ・妥当性監査

 ・財産監査

 ・効率的監査(三様監査の利用)

 

3.監査の実施(監査計画立案から監査報告書の作成、提出まで)

監査計画書の作成

監査実施項目と実施時期等

監査手続きの実施

 

 

 

 

期中監査

・重要な会議への出席(理事会、評議員会、その他)

・教学面の抽出事項の運用状況の確認

・「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づく

体制整備等自己評価チェックリストの検討と提出書類に押印

 

 

期末監査

 

 

・現預金実査(会計監査人の監査に依拠)

・決算と計算書類の作成(会計監査人の監査に依拠)

・理事長、大学長とのミーティング

・高校、中学校、小学校、幼稚園へ調査表(資料添付)送付と回答書の入手

・入手後にヒアリング実施

・監査結果のまとめと監査報告書の作成、提出

・その他

・財産目録の書類に捺印(資産の総額変更登記のため)

・「監事の業務執行状況」調査の書類(文部科学省)に署名、押印

 

4.効率的な監査のための戦略

財産監査の戦略

・会計監査人(外部)との連携

・内部監査人との連携

・会計監査人(外部)と内部監査人との連携なくして監事監査は困難

教学面の監査の戦略

・教育の質向上、質保証システムの理解

・全般的には大学の自己点検、評価を利用

・個別的には質向上、質保証の点検項目を抽出し実施部署、確認部署及び確認方法をチェック

・受験生確保方法と結果の適切性の確認(学生の受入)

・学生の留年、退学、除籍の状況把握と対策の確認(教育の質)

・最終学年の学生に対する進路指導状況の確認(教育の質)

・講義の休講と補講の関係の確認(教育の質)

・各教員の講義担当コマ数の確認(教育の質)

・学部毎の非常勤講師の数と各担当講義数の確認(教育の質)

・教員の外部資金獲得状況の確認(教育の質)

・教員の研究費の使用適正性の確認

・教職員の研修(FD、SD等)の受講状況の確認(教育の質)

・学生等と保護者の満足度の確認(教育の質)

・各設置校の事件、事故、訴訟の数の確認

 

参考になりましたか。

今日は、ここまでです。




kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【CF】活動区分資金収支計算書に予算欄がない理由??【季節】今日から12月!プリムラの花!