【計算書類】形態分類の例外「僅少」「きん少」基準とは何か?【注意】エ!役員が退任する場合とは?

2015年11月19日

【分析】事業団の新・財務比率

新しい

こんにちは!今日は、大学の財務の方からのご質問です。


<Q>事業団の新・財務比率

 月刊学校法人に事業団の財務比率が掲載されていましたが、H2511月に事業団さんが改正基準説明会で説明した財務比率と変わったところがあれば教えてください。


<A>

 事業団の『学校法人会計基準改正に伴う財務比率の変更について』(平成2710月度)を参考にいたします。


(1)貸借対照表関係比率

新比率名

算出方法

変更点など

8.運用資産余裕比率

運用資産−外部負債

  経常支出

※平成2512月の説明会時では「消費支出」を「事業活動支出」に変更するとしていたが、年間の運営費の何年分の運用資産の蓄積があるかを測る上では、分母は事業活動支出ではなく、特別支出を除外した経常支出の方が適切ではないかとの視点から、このたび変更した。

20.積立率

 運用資産 

 要積立額

●「運用資産=現金預金+特定資産+有価証券」

●「要積立額=減価償却累計額+退職給与引当金+2号基本金+3号基本金」

※平成2512月の説明会以降、「積立率」とは、何に着目したものかがあいまい、との指摘から、このたび定義を明確にした。



(3)活動区分資金収支計算書関係比率

新比率名

算出方法

変更点など

1. 教育活動資金収支差額比率

教育活動資金収支差額

教育活動資金収入計

事業団が公表している「経営判断指標」の判断区分に「教育活動資金収支差額」を設けることとなったため、財務比率としても新設。

※平成2512月の説明会以降、新設することとしたもの。


参考:http://www.shigaku.go.jp/files/sinnzaimuhirituitirann2.pdf


今日は、ここまでです。

 

 

 

 

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 財務分析 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【計算書類】形態分類の例外「僅少」「きん少」基準とは何か?【注意】エ!役員が退任する場合とは?