【税金】収益事業に係る税金には何があるの?!【運営】園庭・園舎の寄附(残余財産の帰属)

2015年11月05日

【大学経営】大学定員管理の適正化って何?

入学こんにちは! 今日は、会計士さんからのご質問です。


<Q>大学定員管理の適正化って何?

 大学に行くと「定員管理の適正化」と言うことを聞くのですが、どういうことですか?


<A>

 大学の「定員管理の適正化」については、学校会計の法規集では対応できないので、平成27年度の学校法人監事研修会テキストp125「私学助成における定員管理の適正化について」(主催:文科省・高等教育局私学部。東京会場:H27.10.29開催)の資料を利用させていただきます。


1.基本的考え方

○大学における在籍学生数については、大学設置基準において、「大学は、教育にふさわしい環境の確保のため、在籍する学生の数を収容定員に基づき適正に管理するものとする」とされており、各大学においては、学生定員に対する在籍学生数の割合(「定員充足率」)を1.0とすることが原則として求められる。


○また、「まち・ひと・しごと総合戦略」(平成261227日閣議決定)においては、「大都市圏、なかんずく東京圏への学生集中の現状に鑑み、大都市圏、なかんずく東京圏の大学等における入学定員超過の適正化について資源配分の在り方を検討し、成案を得る」とされている。


○現状としては全国で約45000人の入学定員超過が生じているところ(平成26年度の私立大学の状況)、そのうち8割(約36000人)が三大都市圏に集中。特に、収容定員4,000人以上の大・中規模大学において三大都市圏への集中が約9(全国約31000人のうち三大都市圏に約27000人)と顕著。


○このため、主として大・中規模の大学を中心に入学定員超過を抑制するため、以下の措置を講じる。 


2.具体的な方策

 入学定員充足率が一定の基準を超えた場合に私学助成を全額不交付とする基準を厳格するとともに、入学定員充足率が1.0 倍を超える場合に超過入学者数に応じた学生経費相当額を減額する措置を導入することを、平成31 年度までの4年間で段階的に実施。



 



 

大規模大学

(収容定員8,000 人以上)

中規模大学

(収容定員4,000 人以上、8,000 人未満)

小規模大学

(収容定員4,000 人未満

現行

全額不交付

1.2倍以上

1.3倍以上

強化策

()

〜干柯垳鯢

(平成30 年度までに段階的に厳格化)

1.1倍以上

1.2倍以上

1.3倍以上

学生超過分減額

(平成31 年度に措置)

1.0倍超

1.0倍超

1.0倍超


※ なお、各大学が積極的に入学定員充足率を1.0 倍とすることを促すため、上記の措置に加え、入学定員充足率を0.951.0 倍とした場合に私学助成を上乗せするインセンティブ措置を新たに導入(平成31 年度に措置)。


3.具体的方策による効果

 これらの具体的方策による大都市圏への学生集中抑制の効果について、平成26 年度の入学状況の実績に当てはめて試算すると、抑制される定員超過学生(約1万6000人)のうち、三大都市圏において約1万4000人(88.6%)、東京圏において約1万1000人(65.7%)の超過入学者が抑されることが見込まれる。


↓もっと詳しく知りたい方はこちらへ

平成28年度以降の定員管理に係る私立大学等経常費補助金の取扱について(通知)


今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【税金】収益事業に係る税金には何があるの?!【運営】園庭・園舎の寄附(残余財産の帰属)