【基本金】基本金と減価償却は経費の二重計上??【修繕費】修繕費か資産計上か?

2015年10月28日

【運営】外部理事や外部監事って何だ??

聞くこんにちは!高校の経理の方からのご質問です。

 

<Q>外部理事や外部監事って何だ??

 外部理事や外部監事について教えてください。

 

<A>

 外部理事や外部監事については、法人運営に多様な意見を取り入れることが可能となりように、平成16年の私立学校法の改正で法律上必要とされるようになりました。

 規定をみてみます。私学法38条キです。

(役員の選任)

38条 

 ……

5 理事又は監事には、それぞれその選任の際現に当該学校法人の役員又は職員(当該学校法人の設置する私立学校の校長、教員その他の職員を含む。以下同じ。)でない者が含まれるようにしなければならない。

6 役員が再任される場合において、当該役員がその最初の選任の際現に当該学校法人の役員又は職員でなかつたときの前項の規定の適用については、その再任の際現に当該学校法人の役員又は職員でない者とみなす。

 ……

 

 これ以上は38条キΔ砲弔い堂鮴發蓮⊂昇篝萓犬涼狆魏鮴(p246)の力をかります。

・第五項及び第六項は、平成十六年改正において新たに追加された、外部役員(理事及び監事)について規定するものであり、理事及び監事にそれぞれ一名以上の外部の者を含まなければならないこととなる。

 

・同改正において新たに外部役員に関する規定を設けた趣旨は、国民や社会に対する説明責任、意思決定プロセスの透明性の確保等の観点から、学校法人外の意見を積極的に反映しつつ、運営を監管することができる仕組みを整えるところにあると考えられる。

 

・この外部役員については、「選任の際現に当該学校法人の役員文は職員(中略)でない者」とされており、過去に当該学校法人の役員又は職員であった者を排除するものではないが、学校法人運営に多様な意見を採り入れる観点から、できる限り直近の過去において当該学校法人の役員又は職員でなかった者のうちから選出されることが望ましい。

 

・なお、外部役員が再任される場合には、再任時には「現に学校法人の役員である者」に該当することとなるが、このような場合であっても「最初の選任の際」とあることから、これらの者については引き続き外部役員として取り扱って差し支えない。

 

 なお、学校会計の法規集では、改正私立学校法Q&Aに関連設問があります。

問8 次の者が役員(理事又は監事。以下同じ)として選任された場合でも、「外部理事・外部監事」といえるのでしょうか。_甬遒北魄であった者。評議員のみに就任している者。H鷯鏘亶峪奸

問9 改正法施行前に就任している役員についても、当該役員が選任の際現に役員又は職員でなかった者であれば、外部役員の再任の規定は適用されるのでしょうか。

問11 監事については従来より理事又は職員との兼職禁止規定がありましたが、新たに追加された外部監事の規定は従来の兼職禁止規定と何が違うのでしょうか。

 原文はこちらです。↓↓

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/001/001/001/001/002.pdf

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 知事所轄学校法人 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】基本金と減価償却は経費の二重計上??【修繕費】修繕費か資産計上か?