【予算書】事業活動収支予算書の「その他の特別収入」の中身って何?【事/収】特別収支は限定列挙なの??

2015年09月18日

【決算】財産目録を作る理由って何だろう??

運動場こんにちは! 今日は、高校の事務長からのご質問です。


<Q>財産目録を作る理由って何だろう???

 決算では、貸借対照表の他に財産目録を作りますが、貸借対照表があるのに財産目録を作る意味はどこにあるのですか?


<A>

 財産目録が総財産の状況を把握するための計算書類であることに対し、貸借対照表は、学校法人の財政活動の状況を明らかにするための計算書類です(松坂先生の逐条解説p286の私学法47条解説)。


 事務局の主観が入りますが、財産作成の意味は私学法25条に求められます。

 私学法25条,任后

(資産)

25条 学校法人は、その設置する私立学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金並びにその設置する私立学校の経営に必要な財産を有しなければならない。

 この2種類の財産について、私立学校法施行規則では、前者を「基本財産」、後者を「運用財産」を原則としていますが、設置基準で通常、自己資金で保有することになります。そして、この学校法人が継続して保有すべき財産類の保有状況を表すのが財産目録です。多分、皆様の学校の寄附行為の「第5章 資産及び会計」からもほぼ同趣旨のことが読み取れるかと思います。
このため財産目録は、私学法で必ず作成する書類になっているのです(私学法47 法


 一見、貸借対照表と双子のような財産目録ですが、評価の基準は必ずしも学校法人会計基準に従うわけではありません。所轄庁の指示により、土地建物を時価評価することもあります。財産目録は、必ずしも貸借対照表と同じ内容のものではありません。財産目録は、貸借対照表と作成の目的が違うので、記載する科目名も貸借対照表と微妙に異なる訳です。
 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【予算書】事業活動収支予算書の「その他の特別収入」の中身って何?【事/収】特別収支は限定列挙なの??