【子ども6】施設型給付費の取扱い【子ども8】入園前に納付する検定料等に係る会計処理

2015年08月11日

【子ども7】特定負担額の取扱い

経理こんにちは! 今夏は、子ども・子育て支援新制度の会計についてのQ&Aを見ています。



<Q7>特定負担額の取扱い

 学校法人における新制度園の特定負担額に係る会計処理はどうすればよいのでしょうか。費目ごとに処理する必要はあるのでしょうか。


<A>

 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準(平成26年内閣府令第39号。以下、「運営基準」という。)第13条第3項に規定する特定教育・保育の質の向上に係る対価として保護者の同意を得て支払いを受ける額(いわゆる特定負担額)に係る会計処理については、大科目は「学生生徒納付金収入」、小科目は「特定保育料収入」とすることを基本とします。(なお、小科目には使途を示す費目を付記することも考えられます。例:特定保育料収入(施設整備費)など)



<事務局>

イメージしやすいように図表をまとめておきます。

大科目

小科目

備考

出典

学生生徒等納付金収入

授業料収入



 



 

入学金収入



 



 

実験実習料収入



 



 

施設設備資金収入



 



 

基本保育料収入

公定価格における利用者負担額(基本負担額)

Q5

特定保育料収入

特定教育・保育の質の向上に係る対価として保護者の同意を得て支払いを受ける額(いわゆる特定負担額)

Q7







 


 


 



今日は、ここまでです。
※追加の参考図です。
こども園科目表480


 


 


 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) 《特集》子ども・子育て支援新制度 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【子ども6】施設型給付費の取扱い【子ども8】入園前に納付する検定料等に係る会計処理