【法】基本財産である有価証券の処分手続【注記】係争事件の注記例

2015年05月22日

【注記】貸借対照表の注記の番号の要否

利益相反こんにちは!今日は、高校法人の理事会でのご質問です。

 

<Q>貸借対照表の注記の番号の要否

 決算理事会で、外部理事からの質問がありました。「貸借対照表の注記には、通し番号がないので、わかりづらいです。」

 注記の通し番号は、付けるべきですか?付けないべきですか?

 

<A>

 基準の34条で貸借対照表には、必ず7つ書くことになっています。

 結論は、注記の通し番号は、付けても付けなくてもどちらもOKです。

 個人的には、通し番号があった方がわかりやすいと思うのですが、学校会計では、注記の通し番号の有無は、両方の方法が認められています。

 

1.「注記の通し番号」を付けない根拠

 「基準の第6号様式(第35条関係)貸借対照表」の注記には、注記の通し番号はありません。

 

2.「注記の通し番号」を付ける根拠

 文科省の注記事項記載例には、注記の通し番号があります。

※従来基準では、学校法人会計基準の一部改正に伴う計算書類の作成について(通知)(平17.5 .13 17高私参第1号)

※改正基準では、学校法人会計基準の一部改正に伴う計算書類の作成について(通知)(平25.9.2 25高私参第8号)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 注記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【法】基本財産である有価証券の処分手続【注記】係争事件の注記例