【内訳表】消費税の部門配分基準【教育法規】教免法って何?

2015年02月17日

【議事録】理事会議事録の署名人数

署名こんにちは! 大学の方からのご質問です。


<Q>理事会議事録の署名人数

理事会の議事録は、出席した理事全員の署名がないとダメなのですか?


<A>

 文科省の寄附行為作例19に、「2 議事録には、出席した理事全員が署名押印し、常にこれを事務所に備えて置かなければならない。」とあるので、理事会議事録の署名押印に迷われたのだと思います。


 ここは、学校会計の法規集では対応できないので弁護士の俵先生の本のお力をお借りします。(「学校法人諸規定の整備と運用(第六版)」P8081H25法友社)

イ 「作成例」192項は、出席理事全員が議事録に署名押印するものとしています。

 調査28△砲茲襪函⊂綉580法人のうち、議事録署名押印者について、「作成例」と同じく、出席理事全員とするものが最も多く71.7%、続いて議長(理事長)と出席理事(互選)2名(以上)11.7%、議長(理事長)と議長指名の理事2名(以上)が9.7%となっています。


ウ 議事録に出席理事全員の署名押印を必要とすると、議事録は、理事会終了後その場で作成できるものではありません。それゆえ、後日議事録が作成できてから、事務局職員が出席理事のところを廻り、署名押印を求めることになり、学外の理事数が多いと、大きな負担になります。

 議事録は、通常議事の経過を要約して記載するもので、法定の要式記録ではありませんから、相当と認められる方法で記録すれば足りるものです。それゆえ、事務の簡素化という観点から、あらかじめ理事会又は理事長の指名する学内理事若干名の署名押印で足りるものとするのがよいと考えます。

 ただ、現在の「作成例」どおり出席理事全員の署名押印を必要としている規定を変更しようとすると、改悪であるとの所轄庁の行政指導があることも予想されます。その場合は、改定例6のように、次の理事会で議事録の記載に異議を申し出る方法を設けておくのがよいでしょう。

 改定例6

2 議事録には、議長及び議長があらかじめ指名した出席理事2名が署名押印し、常にこれを事務所に備えて置かなければならない。

3 出席理事から議事録の記載について異議のあった場合は、その申出に基づいて、次の会議に諮って、議長がこれを確認しなければならない。



 今日は、俵先生の本に助けていただきました。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【内訳表】消費税の部門配分基準【教育法規】教免法って何?