【運営】監事の選任方法(寄8)【情報公開】設置学校と財産目録等の備え置き

2015年02月09日

【幼稚園】未就園児教室にかかる経費

教育実習生こんにちは! 先週、「学校法人会計の広場」にいただいたご質問です。

 

<Q>未就園児教室にかかる経費

 未就園児教室にかかる経費は教育研究経費で処理してよろしいのでしょうか。それとも、募集対策の一貫と考え、管理経費で処理するのでしょうか。

 

<A>

 経費の教管区分は悩ましい部分があります。

 ご質問は、多分、事業団さんの実務問答集(第3版)の「84 受験生を対象とした「美術講習会」の受講料収入と支出」を意識されたのでしょうか。

 

 さて、経費の教管区分の考え方は、主に公表物は2つでした。

・「教育研究経費と管理経費の区分について(報告)」について(通知)(46。雑管第118)

・教育研究経費と管理経費の区分に関するQ&A(H26.9学校法人委員会研究報告第30号 )※教育研究経費と管理経費の区分について(学校法人会計問答集Q&A第6)が昨年改正されました。

 

 ですか、明確にここには該当の支出がありません。この場合は、雑管第118号に従って、「それ以外の経費については主たる使途に従って教育研究経費と管理経費のいずれかに含めるものとする。」と言うことになります。

 ご質問の文中にあるように今回の未就園児教室が募集対策の一貫なら管理経費になります。

 

 通常は、「未就園児が、幼稚園の正規の在園生でなく入園予定者であること」、また「園児募集の延長」で行われることが多いと思われるので、経費の教管区分は「管理経費」になるでしょう。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) □□ 支出/経費 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】監事の選任方法(寄8)【情報公開】設置学校と財産目録等の備え置き