【印紙税】清掃契約の印紙税【運営】学識経験者理事の選任(寄7 

2015年01月22日

【運営】私学法上の収益事業とすべきか?

疑問こんにちは! ある県の学校会計の研修会でのご質問です。



<Q>私学法上の収益事業

学校法人が設置学校の児童や生徒、教職員以外の者を対象とし、対価を得て行う事業は、私立学校法上の収益事業とする必要がありますか?



<A>

 学校法人の本来の目的は、私立学校の設置ですが(私学法3)、収益事業を行うこともできます(私学法26)。この場合には、収益事業の種類その他その事業に関する規定を寄附行為に記載し(私学法39。更)、所轄庁の認可がとる必要があります。



 私学法上の収益事業にすべきかどうか、あくまでも学校法人が理事会で判断し所轄庁の認可を受けるか否かです。ですから、本問の「学校法人が設置学校の児童や生徒、教職員以外の者を対象とし、対価を得て行う事業」だからと言って必ず私学法の収益事業とする必要はありません。



 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【印紙税】清掃契約の印紙税【運営】学識経験者理事の選任(寄7