【運営】常務理事とは?(寄6)【表示】過年度修正額の表示場所がない?!

2015年01月05日

【図書】私学特有の会計処理

保存明けましておめでとうございます! 今日は、高校の顧問会計事務所さんからのご質問です。


<Q>私学の図書の会計処理

 学校法人会計では、図書の経理処理が企業会計と違うようで困っています。図書の経理のポイントを教えてください。


<A>

 事務局が個人的に思う学校会計の図書の会計処理のポイントです。

 ゞ盂曚梁臂に関係なく長期保存・使用の図書は資産計上。

 減価償却は原則しない。


 そして、図書の会計で押さえておくべきは、ちょっと古いのですが旧文部省の通知です。

「図書の会計処理について(報告)」について(通知)(昭47.11.14雑管第115)

1.長期間にわたって保存、使用することが予定される図書は、取得価額の多寡にかかわらず固定資産に属する図書として取扱う。

2.固定資産に属する図書については、原則として、減価償却経理を必要としないものとする。この場合、図書の管理上、除却の処理が行なわれたときは、当該図書の取得価額相当額をもって消費支出に計上するものとする。

 除却による経理が困難なときは、総合償却の方法により減価償却経理を行なうことができる。

3.学習用図書、事務用図書等のように、通常その使用期間が短期間であることが予定される図書は、取得した年度の消費支出として取り扱うことができる。

4.図書の取得価額には、原則として、取得に要する経費を含まないものとする。大量購入等による値引額および現金割引額は、「雑収入」として処理することができる。

5.消費支出として処理した雑誌等を合冊製本して、長期間にわたって、保存、使用する図書とする場合は、その合冊製本に要した経費をもって、当該図書の取得価額とすることができる。

6.図書と類似の役割を有するテープ、レコード、フィルム等の諸資料は、利用の態様に従い、図書に準じて会計処理を行なうものとする。


 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ★ 固定資産/図書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】常務理事とは?(寄6)【表示】過年度修正額の表示場所がない?!