【注記】リース取引の注記をするべきか?【運営】監事の選任方法(寄8)

2015年02月05日

【運営】親等の数え方?!

同族こんにちは! 今日は、専修学校法人の事務長からのご質問です。



<Q>役員親族の就任制限

 私学法は、「役員のうちには、各役員について、その配偶者又は三親等以内の親族が1人を超えて含まれることになってはならない。」としています(私学法38)。ただ、親等の数え方がよくわかりません。



<A>

 本問は意外と他人に聞きづらいご質問です。

 さて、基本の確認からです。役員(理事及び監事)については,各役員について,その配偶者又は三親等以内の親族が1人を超えて含まれることとなってはならない(私学法38)。これは,学校法人の公共性・公益性を確保するため胃,理事,監事を併せて各役員について1人を超えた親族等の関係があってはならないとする規定です。早わかりで言えば、親族は本人と含め2人までとして学校経営が同族支配となっていないことを確認するための規定です。

 私学法で定められている規定ですが、寄附行為で再掲している学校もあります。



 さて、○○親等の数え方ですが、慣れないと確かに難しそうです。

 親等の数え方ですが、簡単に言うと親族図を書いて、上に動くと1親等、下に動くと1親等。夫婦は横移動「=」で表して一心同体なので0親等と数えます。

 そうすると、本人が役員で、父母は、上へ一つ移動するので1親等。弟は、父まで上がって1親等、それから父から弟に下がって1親等で、合計2親等です。



 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 寄附行為 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【注記】リース取引の注記をするべきか?【運営】監事の選任方法(寄8)