【運営】設立当初の役員【高校】奨学給付金の会計処理

2014年12月12日

【運営】役員の定数を知りたい!(寄6 

聞くこんにちは!今日は、監事さんからのご質問です。


<Q>役員の定数

 役員の定数を知りたいのですが何をみたら良いのでしょうか。また、他校の様子も教えて下さい。


<A>

 学校法人では,理事の定数を5人以上と定め(私学法35)また監事の定数を2人以上として複数設けて,少数理事による専断を排除するようにしています。

私立学校法(役員)

35条学校法人には,役員として,理事5人以上及び監事2人以上を置かなければならない。

 さて、戻ること10年前は、学校法人の理事の定数については,従前は法令上の定めがなく,各学校法人の判断に委ねられていた。しかしながら,これらについての定めが設けられていない場合には,理事の解任等をめぐって紛争が生じる可能性が高いため,平成16年の私学法改正で,「役員の定数,任期,選任及び解任の方法その他役員に関する規定」を寄附行為の必要記載事項としました(私学法30条‖茖宜)。ですから、各学校法人の理事の定数を知りたい場合は、寄附行為をみて確認することになります。

 そこで文科省の寄附行為作成例をみてみましょう。

(役員)

6条この法人に,次の役員を置く。

 一理事 ○○人

 二監事 ○人

 

 最後に他校の様子です。

 理事の定数の実例は、俵先生の本に詳しくかかれており、部分的に引用されていただきます(「学校法人諸規定の整備と運用第6版」p24H25法友社)。

 ここでは調査結果が出ており625法人のうち、理事定数の絶対数で決めている法人は261法人(42%)、○○人以上○○人以内と言うように相対数で決めている法人は364法人(58%)となっています。

 学校の規模別ではないのですが、ざっくりと他校の理事定数をみると5人(7%)、6〜10人(64%)、1115(23%)となっています。


 また、監事の定数は絶対数が475法人(76%)で、このうち2人と定める法人が92%になっています。


 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 | ◎ 寄附行為

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】設立当初の役員【高校】奨学給付金の会計処理