【経理】校友会への補助金の会計処理?【設立】設立寄付はいるできるの?

2014年10月08日

【運営】理事会の招集通知に資料は付けるのか??

招集通知こんにちは!今日は、大学の法人事務局の方からのご質問です。


<Q>理事会の招集通知に資料は付けるのか?

 当法人では、理事会の各議案ごとの資料を招集通知に付けているのですが、法律はどうなっているのでしょうか?


<A>

 今回のご質問は、学校会計の法規集ではご回答できないので、俵先生(弁護士)の本のお力を借ります。(「注釈私立学校法p371より引用。法友社H25.監修俵正市先生」

ウ 招集通知には、理事会開催場所及び開催日時のほか、理事会に付議すべき事項を記載しなければならない(寄附行為作成例17条5項)

 付議事項の内容をどの程度詳細に記載すべきかについては、見解が分かれる。

 通知すべき事項としては、議事日程を通知すればよく、賛否を決する材料まで通知する必要はないとする見解もある(注14)。実務的にも、招集通知には、「理事選任の件」、「次年度予算の件」、「寄附行為変更の件」等、簡潔な記載がされることが多いようである。


 しかし、理事会開催に際して、開催日まで一定の期間を置いて招集通知を発することが要求される趣旨は、各理事があらかじめ審議事項について検討する時間を確保することにある。また、作成例17条10項の規定するように、書面をもってあらかじめ意思表示をするためにも、事前に審議内容が知らされなければならない。したがって、具体的な審議内容が分かるよう、招集通知には検討に必要な資料等を添付しておき、あるいは各理事に事前に説明する機会を設けるなどの対応をとることが望ましい。


 理事解任に関する議案につき、理事会招集通知に議題として記載しなければならず、「その他の件」というような概括的な記載をもってこれに代えることはできないとした、次の裁判例がある。(以下、省略)

 

 


 今日は、ここまでです。

 

 

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【経理】校友会への補助金の会計処理?【設立】設立寄付はいるできるの?