【運営】評議員会の議長の決め方【運営】望ましい「外部理事」と「外部監事」像

2014年09月17日

【運営】利益相反取引と平理事

利益相反こんにちは! 会計事務所の所長さんからのご質問です。


<Q>利益相反取引と平理事

 私学法40条の5には利益相反取引は定められていますが、ここには「理事」とだけ書いてあります。そうすると平理事も含むのですか?


<A>

 まず私学法40条です。

(利益相反行為)

40条の5 学校法人と理事との利益が相反する事項については、理事は、代理権を有しない。この場合において、所轄庁は、利害関係人の請求により又は職権で、特別代理人を選任しなければならない。

 ここには平理事は、含みません。

 条文では、「代表権を有しない」と定めています。ですから、ここに登場する理事は、代表権を持つ理事です。例えば、理事長や寄附行為で代表権を与えられた理事です。


 今日は、ここまでです。

 

 

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】評議員会の議長の決め方【運営】望ましい「外部理事」と「外部監事」像