【登記】「資産の総額」の変更登記【私学法】情報公開する財務情報等

2014年05月26日

【基本金】基本金の繰延って何だろう???

質問こんにちは! 理事会でのご質問です。


<Q>基本金の繰延

 基本金の繰延の意味が全然わかりません。基本金の繰延って何ですか??? 




<A>

 早わかりで言えば、基本金の繰延は、一時的な「みなし基本金」のようなものです。

 つまり、基本金は基本金対象資産と一緒の夫婦のようなものなのですが、基本金対象資産を除却してしまうと基本金だけ残ることがあります。

 普通の場合

            貸借対照表

基本金対象資産

 例えば、建物  100

基本金  

 第1号基本金 100


 30年後建物を取り壊した。

 基本金の相方(基本金対象資産資産がなくなってしまった)。

 しかし、教育水準を維持するために2年後に建て替え計画を立て、基本金の金額100をそのまま残したい。この場合に、基本金の繰延になります。


           貸借対照表

基本金対象資産

           0

基本金

 第1号基本金 100

(まるで、みなし基本金)

 

 2年後

          貸借対照表

基本金対象資産

 建物      100

基本金  

 第1号基本金 100


<発展>

 「基本金の繰延」の定義は、学校会計の法規集に明確に出ているわけではないのですが、繰延の用語自体はときおり見かけます。代表は平成17年の文科省通知です。

17高私参第1号

I基本金の取崩し要件の見直し(31条関係)

(2)平成17年4月1日現在有している基本金の繰延額は、学校法人がその諸活動の計画に基づき必要な資産を継続的に保持するために維持すべきものを除き、平成17年度決算の基本金取崩しの対象とすること。


 今日は、ここまでです。

 

 

 

 

 

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 基本金 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【登記】「資産の総額」の変更登記【私学法】情報公開する財務情報等