【科目】大科目の省略の可否とその根拠【公表】科研費ハンドブック(研究者用・研究機関用)2014年度

2014年05月02日

【監事】「監事による監査報告書」のひな形がほしい!

監査こんにちは! 高校の事務長さんからのご質問です。


<Q>「監事による監査報告書」のひな型・様式

 監事より監査報告書のひな型がないか尋ねられました。どう答えたら良いでしょうか。


<A>

 まず、監事の監査報告書の予備知識です。

1.【私学法】監事からの監査報告書の提出等

 監事については、基本の基本は私学法の第37条第3号です。

 監事は、学校法人の業務又は財産の状況について、毎会計年度、監査報告書を作成し、当該会計年度終了後二月以内に理事会及び評議員会に提出することが義務づけられています(私学法37)。

 そして、この監査報告書については、学校法人の各事務所に備えて置き、在学者その他利害関係者からの閲覧に供することとされています。(私学法47


2.【文科304号通知】

 文科省の通知304号では「監事による監査報告書の内容については、各学校法人の規模や実情等に応じ各監事において適切に判断し作成されたいこと。」とだけあります。

 つまり、監事による監査報告書については、私学法や文科省の通知では特段、様式等の例示はしていません。ただ、各学校法人の規模や実情等に応じた適切な内容とすることが望まれます。その際、監事の監査は財務に関する部分に限られるものではなく、学校法人の運営全般が対象となることに留意することが必要です。(参考:改正私学法Q&A)


 学校会計の法規集で拾えるのは、このくらいです。監事による監査報告書のひな型や様式例は見当たりません。

 ここからは、ざっくりと書籍の力を借ります。


3.監査の監査報告書例

 学校法人会計Q&A2007年版(東京都私学財団)(p335p336)には4つの様式文例が出ています。



(その1)

監 査 報 告 書

平成○○年5月○○日

学校法人 ○○○

 理 事 会 御中

(評議員会 御中)

 監 事 □□ □□ 印

 監 事 □□ □□ 印

 私たちは、私立学校法第37条第3項に基づく監査報告を行うため、学校法人○○○の平成○年度(平成○年4月1日から平成○年3月31日まで)の、学校法人の業務又は財産の状況について監査を行った結果、学校法人の業務又は財産に関し、不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実のないことを認めます。

以 上


(その2)

監 査 報 告 書

平成○○年5月○○日

学校法人 ○○○

 理 事 会 御中

 (評議員会 御中)

監 事 □□ □□ 印

監 事 □□ □□ 印

 私たちは、私立学校法第37条第3項に基づく監査報告を行うため、学校法人○○○の平成○年度(平成○年4月1日から平成○年3月31日まで)の、学校法人の業務又は財産の状況について監査を行った。

 監査の結果、学校法人の業務又は財産に関し、不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実のないことを認める。

以 上


(その3)

監 査 報 告 書

平成○○年5月○○日

学校法人 ○○○

 理 事 会 御中

 (評議員会 御中)

監 事 □□ □□ 印

監 事 □□ □□ 印

 私たちは、私立学校法第37条第3項に基づく監査報告を行うため、学校法人○○○の寄附行為第○条の規程に従い、学校法人○○○の平成○年度(平成○年4月1日から平成○年3月31日まで)の、学校法人の業務又は財産の状況について監査を行った。

 私たちは監査にあたり、理事会及び評議員会に出席するほか、私たちが必要と認めた監査手続を実施した。

 監査の結果、学校法人の業務又は財産に関し、不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実のないことを認める。

以 上


(その4)

監 査 報 告 書

平成○○年5月○○日

学校法人 ○○○

 理 事 会 御中

 (評議員会 御中)

監 事 □□ □□ 印

監 事 □□ □□ 印

 私たちは、私立学校法第37条第3項に基づく監査報告を行うため、学校法人○○○の寄附行為第○条の規程に従い、学校法人○○○の平成○年度(平成○年4月1日から平成○年3月31日まで)の、学校法人の業務又は財産の状況について監査を行った。

 私たちは監査にあたり、学校法人○○○監事監査規程に準拠し、私たちが必要と認めた監査手続を実施した。

 監査の結果、学校法人の業務又は財産に関し、不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実のないことを認める。

以 上


 いずれも私学法第37条の趣旨を上手くまとめた監事の監査報告書に感じます。今日は、東京都私学財団さんの本に全面的に助けたれました。ありがとうございました。


 今日は、ここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【科目】大科目の省略の可否とその根拠【公表】科研費ハンドブック(研究者用・研究機関用)2014年度