【高校】就学支援金の会計処理の注意点【リース】リース資産の減価償却

2014年04月25日

【退職金】もし退職金団体からの交付金の方か多ければ?

退職こんにちは!高校法人の監事さんからのご質問です。

 

<Q>もし退職金団体からの交付金の方が多ければ

 もし、県の退職金団体からもらう交付金は、学校の退職金規程よりおおかったらどうなるのですか?

 

<A>

 教職員が退職時に退職金団体より受ける交付金は、必ず学校法人を経由して収入されます。もし、学校法人の退職金規程によって計算された要支給額に比べて県の退職金団体からもらう交付金の額が多い場合には、その交付金の全額を教職員に対し支給しなければならないことに留意する必要があります(各退職金団体の定款又は寄附行為の定めるところによる)

※旧「私学退職金団体に対する負担金等に関する会言処理及び監査上の取扱いについて」(学校会計委員会報告第19)

 

 ただ、私学退職金団体は、各都道府県ごとに設立される団体で、各団体の運営方法は、それぞれの定款、寄附行為及び業務方法書等により一律ではないので、私学退職金団体のルール確認をしておくと良いでしょう。

 

 会計処理は、交付金収入は、(大科目)雑収入の(小科目)私学退職金社団交付金収入 等で表示します。

 

今日は、ここまでです。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) □□ 支出/人件費 | ■■収入/雑収入

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【高校】就学支援金の会計処理の注意点【リース】リース資産の減価償却