【人件費】非常勤講師の人件費の計上部門【報道】保育士確保、国が支援…ハローワークに対策窓口

2013年11月09日

【基準】現行・学校法人会計基準の誕生

誕生こんにちは! 今日は、税理士さんからのご質問です。

 

<Q>現行・学校法人会計基準の誕生

今度、学校法人会計基準が変わるようですが、今の基準はいつから使っているのですか?

 

<A>

 現行の学校法人会計基準は、昭和46年に施行されて、人間で言うと誕生から42歳なりました。さて、あまりない機会なので現行・学校法人会計基準誕生のころの様子を少しだけお話しします。

 

 昭和45年に私学法の一部改正があって、59条┐竜程が設けられて、経常費補助金をもらう学校は文部大臣の定める基準で財務書類を作ることになりました。そこで、昭和45年度から経常費補助金を受ける大学法人は、文部大臣の定める基準である「学校法人会計基準」が,昭和46年4月から施行されました。

 

 高校などの都道府県知事所轄学校法人については、大学法人に比べて規模が小さいことなどその実情からみて、多少の準備期間が必要でしょうということで、2年遅れて昭和48年度から適用になりました。

 その後、昭和50年の私立学校振興助成法が制定されて、旧私学法第59条┐竜定は、助成法第14条に移りました。

 

 今の学校法人会計基準のスタート時のようす

年度

トピック

昭和45

経常費補助スタート。私学法59条┸契漾

昭和46

学校法人会計基準…大臣所轄学校法人でスタート

昭和47

        …東京都の知事所轄でスタート

昭和48

学校法人会計基準…知事所轄学校法人でスタート

昭和49

昭和50

私学法59条│(移動)→助成法14

 

だいたいこんな感じです。



kaikei123 at 12:01│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【人件費】非常勤講師の人件費の計上部門【報道】保育士確保、国が支援…ハローワークに対策窓口