【運営】監事の理事会・評議員会への出席義務??【運営】理事会議事録の署名人数

2014年03月05日

【運営】校長の選任方法

校長こんにちは! 専修学校法人の理事長からのご質問です。

<Q>校長の選任方法

 来年度から○○校は、新校長になる予定です。不備があるといけないので校長の選任方法を教えて下さい。

 

<A>

 校長の選任では、学校の運営のみならず校長理事(私学法38条 砲箸靴瞳弍弔砲盍愀犬靴泙垢里如不備のない手続で選任することは大切です。

 さて、ではその校長の選任方法ですが、寄附行為や理事会が制定した規程に校長の選任方法があれば、この規程に従います。ただ、実際はこの種の規程は少ないと思われます。

 そうすると、次は一般的な法解釈に移ります。

 校長の選任は、学校法人の業務の一つですので、学校法人の通常の業務決定手続によって選任すべきこととなります。具体的には、理事会の決議又は理事会の委任を受けた理事長の決定によることになります。

(参考:「Q&A学校法人の管理機関をめぐる問題と対策」p112。高橋英・小国隆輔著。H22法友社)

 なお、校長を選任した後は、所轄庁へ届け出なければなりません(学教法133条。なお、一条学校の場合は10)

 それと、校長には欠格事由が定められています。通常は、大丈夫だと思いますが、禁銅以上の刑に処せられた者、成年被後見人又は被保佐人等これに該当する者を校長とすることはできません(学教法9条)。悪いことをする人でなくても大きな交通事故を起こすと禁固以上の刑になることがあるそうです。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】監事の理事会・評議員会への出席義務??【運営】理事会議事録の署名人数