【図書】幼稚園の絵本の取り扱い【経費】経費の教官区分の広義解釈と狭義解釈

2013年11月22日

【売買】有価証券の売買は総額表示か総裁表示か?

株式ある県の私立高校の経理担当者さんからのご質問です。

 

 

 

 

 

 

<Q>有価証券売買は総額表示か純額表示か?

 今年度は、有価証券の売買を何度か行いました。学園保有の有価証券を売却する際に、

 売却価額が簿価を上回った場合 有価証券売却差額

 売却価額が簿価を下回った場合 有価証券処分差額  

として計上するようになっています。

 複数銘柄の取引において、売却差額と処分差額がある場合、この両者は両建て表示ですが、それとも相殺表示ですか?どちらでしょうか?

 

<A>

ポイントでお答えしています。

(1)学校会計では、

  有価証券売却益→(大科目)資産売却差額

          (小科目)有価証券売却差額、

  有価証券売却損→(大科目)資産処分差額

          (小科目)有価証券処分差額 です。

 

(2)有価証券の評価方法は移動平均法で決まっています。

 (「文科省の通知。平成23年2月1722高私参第11号」←一般に「会計方針統一通知」と略しています)

 

(3)資産売却差額、資産処分差額は両建てです。

  相殺できるものは基準5条「総額表示」の「ただし書」にあるのですが、有価証券の売買取引は、「ただし書」に該当しないので総額で両建てで表示します。

  

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:09│Comments(0)TrackBack(0) ★ 有価証券 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【図書】幼稚園の絵本の取り扱い【経費】経費の教官区分の広義解釈と狭義解釈