【新聞】私立学校の借金、返済延滞が増加 背景に高校の無償化【基本金】第4号基本金の資金と支払資金

2014年01月06日

【運営】公開対象となる財務書類等の種類、取扱い

情報公開こんにちは!専修学校の事務長からのご質問です。




<Q>公開対象となる財務書類等の種類、取扱い

私立学校法で学校の事務所を備えおく計算書類について教えて下さい。


<A>

この制度は、平成16年私立学校法の改正で誕生しました。スバリ、 当時の文科省の改正私立学校法説明会資料「改正私立学校法Q&A」に回答があります。 


18 公開対象となる財務書類等の種類、取扱い等について教えてください。

〆盪彩槝拭↓貸借対照表、収支計算書、せ業報告書、ゴ道による監査報告書


(答)

今回の法改正により、閲覧に供することが義務付けられる書類のうち、〆盪彩槝拭↓貸借対照表、収支計算書については、「私立学校法の一部を改正する法律等の施行に伴う財務情報の公開等について」(平成16年7月23日付け16文科高第304号文部科学省高等教育局私学部長通知)において「様式参考例」を示しています。

なお、収支計算書は、基本的に資金収支計算書及び消費収支計算書がこれに該当します。


学校法人会計基準(昭和46年4月1日文部省令第18号)に従い貸借対照表及び収支計算書を作成している学校法人にあっては、各学校法人の判断により、これらを閲覧に供することをもって足りますが、ただし、この場合は、同会計基準による様式は補助金交付の観点からの表示区分となっているものである旨を注記等により示すことが適当と思われます。


せ業報告書については、法人の概要、事業の概要及び財務の概要に区分し作成することが適当であり、同通知において、記載する事項の例示を「記載例」として示しています。


ゴ道による監査報告書については、特段、様式等の例示はしていませんが、各学校法人の規模や実情等に応じた適切な内容とすることが望まれます。その際、監事の監査は財務に関する部分に限られるものではなく、学校法人の運営全般が対象となることに留意することが必要です。


なお、改正省令の発出に伴い、文科省より新学校法人会計基準(平成27年度より施行)ベースの様式参考例が公表されました。
↓↓
学校法人会計基準の一部改正に伴う私立学校法第47条の規定に基づく財務情報の公開に係る書類の様式参考例等の変更について(通知)(平成25年11月27日)  (PDF:258KB) 

今日は、ここまでです。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【新聞】私立学校の借金、返済延滞が増加 背景に高校の無償化【基本金】第4号基本金の資金と支払資金