【運営】収容定員の変更に伴う学則変更の手続【税金】 債務承継のある寄附と税金

2013年10月23日

【運営】常務理事は必ず置くの?

承認こんにちは!金融機関の方からのご質問です。

 

<Q>常務理事は必ず置くの?

 大学には必ず常務理事を置かなければならないのですか?

 

 

<A>

 常務理事は、私立学校法には出て来ません。大学法人向けの寄附行為作成例に〔 〕書きで出て来ます。

役員)

第6条 

〔3 理事(理事長を除く。)のうち○人以内を常務理事とし、理事総数の過半数の議決により選任する。常務理事の職を解任するときも、同様とする。〕

〔(常務理事の職務)

第13条 常務理事は、理事長を補佐し、この法人の業務を分掌する。〕

(理事の代表権の制限)

第14条 理事長〔及び常務理事〕以外の理事は、この法人の業務について、この法人を代表しない。

  

 常務理事は、私立学校法に定められておりませんので、法律上は必置の役職ではありません。

 私立学校法では、平成16年の改正で、「理事長が学校を代表し、その業務を総理する(37条 砲箸△蝓各理事は、「理事長を補佐して学校法人の業務を掌理する(37条◆廚海箸箸覆辰討い泙后

 

 学校法人の最高の意思決定機関は理事会ですが、通常、理事には非常勤理事が含まれ、理事会は毎日開催されるわけではないので、日常業務の決定は誰かに任せることが必要になります。

 幼稚園のような小規模法人であれば、全部理事長に任せられますが、中規模以上の学校法人になってくると常務理事や専務理事に任せることが出てくるでしょう。

 

 そこで、学校法人が、学校法人の管理運営を行う場合、常時勤務し、これに従事する常務理事が必要であるかどうかは、各学校法人の事情により学校法人が独自に決定することになります。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:08│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 知事所轄学校法人 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】収容定員の変更に伴う学則変更の手続【税金】 債務承継のある寄附と税金