【季節】「コスモス」。今日から10月!【改正】新・学校法人会計基準(第四号様式)(2/3)【内容説明】*

2013年10月02日

【改正】新・学校法人会計基準(第四号様式)(3/3)【注記事項】

 8号通知「 注記事項の追加」には、注記の記載例があります。

 

1.活動区分ごとの調整勘定等の加減の計算過程の注記

 新基準第4号様式の(注)3に定める活動区分ごとの調整勘定等の加減の計算過程の注記は、以下の例を参考に「活動区分資金収支計算書」の末尾に記載するものとする。

 

(注記例)

 活動区分ごとの調整勘定等の計算過程は以下のとおり。

(単位:円)

項目

資金収支計算書計上額

教育活動による資金収支

施設整備等活動による資金収支

その他の活動による資金収支

前受金収入

××× 

××× 

××× 

××× 

前期末未収入金収入

××× 

××× 

××× 

××× 

期末未収入金

△××× 

△××× 

△××× 

△××× 

前期末前受金

△××× 

△××× 

△××× 

△××× 

(何)

()××× 

()××× 

()××× 

()××× 

収入計

()××× 

()××× 

()××× 

()××× 

前期末未払金支払支出

××× 

××× 

××× 

××× 

前払金支払支出

××× 

××× 

××× 

××× 

期末未払金

△××× 

△××× 

△××× 

△××× 

前期末前払金

△××× 

△××× 

△××× 

△××× 

(何)

()××× 

()××× 

()××× 

()××× 

支出計

()××× 

()××× 

()××× 

()××× 

収入計− 支出計

()××× 

()××× 

()××× 

()××× 

(注)該当する項目のみに数値を記入する。

 

 

 また、8号通知には「機〕儻譴猟蟲繊廚乏萋斡菠資金収支計算書の用語の説明があります。

 

用語

定義

(1)教育活動による資金収支

1.教育

 新基準第15条(活動区分資金収支計算書の目的)に規定する「教育」とは、改正前の学校法人会計基準と同様、研究も含むものとする。

…………………………………………

新基準第4号様式に定める「教育活動による資金収支」とは、資金収支計算書の資金収入及び資金支出のうち、以下に示す(2)の 峪楡濱鞍等活動による資金収支」及び(3)の 屬修梁召粒萋阿砲茲觧餠蘯支」を除いたものをいう。

「特別寄付金収入」とは、用途指定のある寄付金収入のうち、施設設備寄付金収入を除いたものをいう。

「経常費等補助金収入」とは、補助金収入のうち、施設設備補助金収入を除いたものをいう。

(2)施設整備等活動による資金収支

 

新基準第4号様式に定める「施設整備等活動による資金収支」とは、新基準第14条の2第1項第2号に定める「施設若しくは設備の取得又は売却その他これらに類する活動」に係る資金収入及び資金支出をいう。

「その他これらに類する活動」とは資産の額の増加を伴う施設若しくは設備の改修等であり、施設設備の修繕費や除却に伴う経費は含まない。

「施設設備寄付金収入」とは、施設設備の拡充等のための寄付金収入をいう。

「施設設備補助金収入」とは、施設設備の拡充等のための補助金収入をいう。

「施設設備売却収入」とは、施設設備の売却による収入をいう。

「(何)引当特定資産取崩収入」とは施設設備に用途指定のある特定資産の取崩しに伴う収入のうち、「第2号基本金引当特定資産取崩収入」を除いたものをいう。

(3)その他の活動による資金収支

新基準第4号様式に定める「その他の活動による資金収支」とは、財務活動のほか、収益事業に係る活動、預り金の受け払い等の経過的な活動に係る資金収入及び資金支出、並びに過年度修正額をいい、

 新基準第14条の2第1項第3号に定める「資金調達その他前2号に掲げる活動以外の活動」に係る資金収入及び資金支出をいう。

|罎虜睫崖萋阿箸蓮∋餠眥潅5擇啝餠皹人僂坊犬覲萋阿鬚いΑ

「(何)引当特定資産取崩収入」とは、施設設備以外に用途指定のある特定資産の取崩しに伴う収入のうち、「第3号基本金引当特定資産取崩収入」を除いたものをいう。

ぁ屐焚拭飽当特定資産取崩収入」の次の項の「(何)」には、「貸付金回収収入」、「預り金受入収入」その他これらに類する収入が該当する。

ァ崋益事業元入金支出」の次の項の「(何)」には、「貸付金支払支出」、「預り金支払支出」その他これらに類する支出が該当する。

…………………………………………

4.過年度修正額

「過年度修正額」のうち、資金収入又は資金支出を伴うものについては、(途中略)活動区分資金収支計算書においては、次のとおり処理するものとする。

(2)活動区分資金収支計算書においては、資金収入又は資金支出があった年度において、「その他の活動による資金収支」に小科目「過年度修正収入」又は「過年度修正支出」を設けて処理するものとする。

 

長くなりましたが、今日はここまでです。



kaikei123 at 06:45│Comments(0)TrackBack(0) 【★H27年施行 改正基準(本文・別表・様式)ミニ解説付】 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【季節】「コスモス」。今日から10月!【改正】新・学校法人会計基準(第四号様式)(2/3)【内容説明】*