【文科講演 杙餠蘯支計算書関連(1/3)【文科講演】資金収支計算書関連(3/3)

2013年09月04日

【文科講演◆杙餠蘯支計算書関連(2/3)

講演120こんにちは! 改正基準の文科省の専門官の方の研修会の講演録(抜粋)を事務局でまとめてみました。目的は、改正基準が実務に定着するように役立てたいためです。皆様のお役に立てば幸いです。講演内容は、基準が公布された422日に同時に発出された私学部長通知(25文科高第90号)の【改正の概要】の10個のポイントを解説するものです。

※ 学校法人会計基準の一部改正について(平成25年4月22日):文部科学省

 

  

 計3回で、まず資金収支計算書関連の改正の説明です。

 「1.活動区分資金収支計算書」

 「6.第3号基本金に対応する運用収入の明確化←今日は、ココ。

 「追加説明:科目で変わった部分」

 

(今日のテーマ)

6.第3号基本金に対応する運用収入の明確化

 第3号基本金について、対応する運用収入を「第3号基本金引当特定資産運用収入」として表示すること(第1号様式関係)

 

【研修会】

研修会:平成25823

テーマ:学校法人会計基準の見直しの背景と改正のポイント

先 生:文部科学省高等教育局私学部参事官付専門官 田辺和秀先生

主 催:日本公認会計士協会

講演録:当ブログの事務局が作成。今後も推敲予定。

 

【講演録】(  )内の文字は事務局で便宜的に加筆しました。

 で、細かいところで言っていくと、真ん中のところで「6.」の話しを先にしてしまいます。一個一個レジュメのポイントを言ってもいいんですけれど、イメージ図どおりにお話ししていった方が分かりやすいので、レジュメの六番の話からさせていただきます。

 

(6.第3号基本金に対応する運用収入の明確化)

「6.」ちょっと読みますと第3号基本金に対応する運用収入の明確化と言う事です。第3号基本金について対応する運用収入を「第3号基本金引当特定資産運用収入」として表示すること言うふうなことが書かれてございます。

 

 この第3号基本金に対する運用収入ですけれども一番左、現行の資金収支計算書ではいったいどこに入っているのかと言うふうにちょっと考えてみていだくと、例えば奨学基金だったらですね、第3号基本金が奨学ファンドであれば今資産運用収入の一番上の科目に「奨学基金運用収入」というのがありますのでここの中に通常入ってくるだろう。

 

 で、奨学基金以外のその他の基金、国際交流基金だとか海外活動の基金があればその分は行き場所としては他に科目を設けるか「受取利息・配当金収入」のどこかに入れるかと言う形になってくるこになりますので、結局、第3号基本金全体でどれだけ運用収入があったかというトータルの額がわからないのが現状の計算書類になっています。

 

 ゆえに、それを分かるようにするために3号基本金の果実全体をまとめた「第3号基本金運用収入」と言う勘定科目を新たに真ん中で儲けたと言うことです。

 

 第3号基本金と言う言葉は、簡単に申しますと目的を持った運用ファンドのことでございますので、奨学基金であれば100億円ファンドがあれば年間1%で回れば1億円の果実がでてくると。その1億円の果実でもって奨学金を交付しましょう。ただ元本の100億円は維持しておきましょう。その元本部分のことを第3号基本金と通常称しておりますけれど、その運用果実の部分を奨学基金だけでなく他の国際交流、何やら全て混ぜてトータルで3号基本金の運用収入を把握しようというのが「6.」の目的でございます。これも基本金を維持するのだけれども基本金の役割をより明確にしたいと言う視点、そういう目的でこういう合算をすると言う勘定科目を設けたと言うことでございます。これが「6.」のポイントです。


  今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:09│Comments(0)TrackBack(0) 【★H27年施行 基準改正 文科省講演録H2508】 | 【★H27年施行 学校法人会計基準改正】

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【文科講演 杙餠蘯支計算書関連(1/3)【文科講演】資金収支計算書関連(3/3)