【教材費】預り金と消費税【基本金】グループ償却資産の基本金の取崩

2014年03月19日

【税務】幼稚園給食と消費税

給食こんにちは! 幼稚園給食と消費税についてのご質問です。


 

 

<Q>幼稚園給食と消費税

給食 学校法人Aは、B幼稚園を経営しています。B幼稚園では、給食業者において調理等した給食を園児に対し提供しています。その給食代金は父兄から保育料等と一緒に納入してもらいますが、給食代金は預り金として処理し、後日全額を給食業者へ支払っています。このような場合も給食代金は課税されるのでしょうか。


<A>

 ご質問の場合、その給食の提供がいったん給食業者から学校法人Aに対して行われ、その後学校法人Aから園児に対して行われているのか、あるいは、その給食の提供が給食業者から園児に対して直接行われているのか等によって、その取扱いが異なります。


【ケース1】幼稚園が給食の提供をしていると見られる場合

 例えば、その給食の提供がいったん給食業者から学校法人Aに対して行われ、その後学校法人Aから園児に対して行われている場合や学校法人Aが給食業者に委託して園児に提供する給食を調理等させ、その給食が学校法人Aから園児に対して行われている場合には、その学校法人Aが園児から収受する給食代金は、学校法人Aにおいては課税資産の譲渡等の対価に該当します。この場合は、消費税の課税対象になります。



【ケース2】業者が給食の提供をしていると見られる場合(幼稚園は単なる給食費の徴収代行をしている場合)

 その給食に提供が給食業者から園児に対して直接行われていて、学校法人Aは給食業者からの委託により給食代金を園児から収受している場合には、その学校法人Aが園児から収受する給食代金は、学校法人Aにおいては給食業者が収受すべき給食代金の預り金であって、預り金として処理することにより学校法人Aにおいては課税資産の譲渡等の対価には該当しません。この場合は、消費税の課税対象取引になりません。

(関連法令)消費税法第2条“、九、第4条


(本日の参考文献:「実務家のための消費税実例回答集」Q158学校法人が行う園児に対する給食の提供。H22木村剛志。税務研究会出版局)


 なお、税務の個別事案について顧問の税理士さんにご確認下さい。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 税務 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【教材費】預り金と消費税【基本金】グループ償却資産の基本金の取崩