【報道】非正規の教職員 雇用期間を制限も【基準】現行・学校法人会計基準の誕生

2013年11月08日

【人件費】非常勤講師の人件費の計上部門

非常勤講師こんにちは! 高等学校法人でのご質問です。

 

<Q>非常勤講師の人件費

当法人ではネイティブの英語講師を非常勤でお願いしており、高校と中学で授業を持っています。このように、1人の非常勤講師が、二つ以上の部門に関係している場合、人件費の部門別計上は、どうしたらよいのでしょうか?

 

<A>

 非常勤講師は、通常、高校・中学それぞれの部門との契約に基づいて、授業時間、給与等の勤務内容が定められるので、その契約の内容に応じて部門ごとに人件費を負担させます。

 

 したがって、各部門ごとに支給していれば、各支給額が当該部門に計上されることになりますが、本部事務局等で一括支給している場合にも、各部門ごとの当該講師の授業時間数などにより負担すべき額を各部門に計上することになります。

(参考:問答集(Q&A)第4号 人件費関係(その2) 質問2)

 

 ちょっとややこしいのですが、もし常勤講師が中学と高校を担当していれば、発令された主たる勤務学校部門に計上されます。このへんは学校会計では、間違いやすいので注意点です。

 

※講師の人件費の取扱い

常勤講師であれば→

発令された主たる勤務学校部門に計上

非常勤講師であれば→

各部門に計上する

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:16│Comments(0)TrackBack(0) □□ 支出/人件費 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【報道】非正規の教職員 雇用期間を制限も【基準】現行・学校法人会計基準の誕生