【為替】外貨預金の評価損益【季節】「りんどう」。今日から9月!

2013年08月31日

【資産】中古資産の耐用年数

バスこんにちは! 幼稚園でのご質問です。

 

<Q>中古資産の耐用年数

 中古のバスを購入したのですが、耐用年数はどうやって決めたらよいのでしょうか?

 

<A>

 中古資産を購入した場合の耐用年数の決め方は会計法規集に指針があります。

「中古資産を取得した場合には、当該資産の経過年数等を勘案して残存使用可能期間を見積もるべきである。この残存使用可能期間の見積りが困難な場合は、税法のいわゆる、簡便法によることも一法である。」となっています。

※固定資産に関するQ&A(学校法人委員会研究報告第20) 

 3−3中古資産の耐用年数及び取替法)

 

図解すると

中古資産の耐用年数

残存使用可能期間が見積もれる →残存使用可能期間

残存使用可能期間が見積もれない税法の簡便法

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:15│Comments(0)TrackBack(0) ★ 固定資産 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【為替】外貨預金の評価損益【季節】「りんどう」。今日から9月!