【新設校】新設校は同業者が審査する?【資産】中古資産の耐用年数

2013年08月30日

【為替】外貨預金の評価損益

外貨預金こんにちは! 学校会計の研修会でのご質問です。

 

<Q>外貨預金の評価損益

 外貨預金の評価損益に会計処理は、他校ではどうやっているのでしょうか。

 

<A>

 外貨預金の換算損益は、会計法規集での定めはありません。

 事業団の実務問答集が参考になります。

外貨預金の評価損益(3版。実務問答集207)

【短期の外貨預金】

 預金で決算日の翌日から起算して、年以内に期限が到来する外貨預金(いわゆる短期の外貨預金)は貸借対照表上、現金預金となるので、評価損を計上すると支払資金の減少となり、資金収支計算書を通じて処理する必要がある。

  この場合、

為替差益については資産運用の結果から生じたものであれば

「資産運用収入」

海外研修旅行の残金等資産運用以外の目的であれば

「雑収入」とし、

一方、為替差損は

「管理経費」とするのが妥当である。

 

【長期の外貨預金】

 なお、外貨預金で決算日の翌日から起算して1年を超えて期限が到来する外貨預金は貸借対照表上、「その他の固定資産」となるため、評価換えによる損失が生じた場合には「資管産処分差額」となり、資金収支計算上は影響しない。

 

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【新設校】新設校は同業者が審査する?【資産】中古資産の耐用年数