【設立】学校法人化のメリットとデメリット【設立】学校法人の名称について

2013年06月26日

【設立】そもそも学校法人とは何か?

設立こんにちは! 知事所轄学校法人の設立の相談が続いています。

<Q>学校法人とは?!

 そもそも学校法人とは何ですか?

 

 

 

 

<A>

1.学校法人とは

 学校法人とは、私立学校の設置を目的として、私立学校法の定めるところにより設立される法人をいいます(私学法3条)。

 私立学校法でいう「学校」とは、学校教育法第1条に規定する学校(一条学校)をいいます。具体的に言うと一条学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校をいいます。

 

 

2.私立幼稚園の取扱い

 学校教育法の2条では、私立学校は、学校法人のみが、これを設置することができるとしています。ただし、私立の幼稚園は、当分の間必ずしも学校法人によって設置されることを要しないとされています(学校教育法附則6条)。このため個人立、宗教法人立、財団法人立等の幼稚園はここでいう私立学校ではないことになります。なお、個人立等の幼稚園については、私立学校法附則第12項により、私学法第4条◆第5条、第59条など私学法の一定の規定の適用については当分の間私立学校に含まれるものとされています。

 

 

3.専修学校・各種学校について

 学校法人は、一条学校の設置を目的とするものですが(私学法第3条)、一条学校のほかに、専修学校又は各種学校を設置することができます(私学法64)

 私立専修学校又は私立各種学校を設置しようとする者は、これらの学校の設置のみを目的とする法人を設立することが認められ(私学法第64)、「準学校法人」とよばれています。

※2つの法人

学校法人

準学校法人

定義

「学校法人」とは、私立学校の設置を目的として、この法律の定めるところにより設立される法人をいう。

専修学校又は各種学校の設置のみを目的とする法人

※私学法第64条い遼/佑噺世Δ海箸眤燭

根拠

私学法第3

私学法第64

注意

―――

―牾惺史/佑漏惺史/佑任呂覆い、名称として「学校法人」という文字を用いることが認められている(私学法第65)

⊇牾惺史/佑砲蓮∋篶学校法第3章の規定が準用されます私学法第64)

 

 

4.学校法人の所轄庁はどこか

 学校法人又は準学校法人を設立するには、その設立を目的とする寄附行為につき、所轄庁の認可を受けなければならなりません(私学法第30条)

 ここで所轄庁とは、学校法人を指導監督する監督官庁です。具体的には、私立大学及び私立高等専門学校を設置する学校法人については文部科学大臣、私立高等学校以下の学校のみを設置する学校法人については都道府県知事となります。

※学校法人の所轄庁 

  \所轄庁

法人の種類\

文部科学大臣

都道府県知事

学校法人

私立大学及び私立高等専門学校を設置する学校法人

小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、幼稚園等を設置する学校法人

準学校法人

私学法第64条い遼/

 

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 08:08│Comments(0)TrackBack(0) 【学校法人の設立】 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【設立】学校法人化のメリットとデメリット【設立】学校法人の名称について