【学校債】学校債の発行について【学則】 学則変更の手続き

2013年05月28日

【理事会】学則の記載事項とは

校長こんにちは! 学校法人の理事会で理事の方からのご質問です。

 

<Q>学則について

 新設学科の授業料や定員は学則で定めるとのことですが、学則にはどのような事項を記載するのでしょうか?

 また、学則は他の規則とどんな点が違うのでしょうか?

 

 

<A>

1.学則の記載事項

 学則は、学校設置の認可・届出に必要な所轄庁への提出書類の一つです(学校教育法施行規則第3条)。学校設置についての認可申請又は届出は、認可申請書又は届出書に下記のものを添えて行います。

  〔榲、¬松痢↓0銘屐↓こ愨А

  シ佝颪慮積り及び維持方法、Τ設の時期

 

 そして、学則には、少なくとも、下記事項を記載することになっています(学教法施規4条 法

―ざ版限、学年、学期、休業日に関する事項

部科及び課程の組織に関する事項

6軌蕾歡及び授業日時数に関する事項

こ惱評価及び課程修了の認定に関する事項

ゼ容定員及び職員組織に関する事項

ζ学、退学、転学、休学、卒業に関する事項

Ъ業料、入学料その他の費用徴収に関する事項

┥淅海亡悗垢觧項

寄宿舎に関する事項

 ※なお、通信制を置く高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)の学則には、さらに(学教法施規4条◆砲鮖仮函

 

2.学則と他の規程の違い

 学則は法令を根拠に持つ内部規制です。学則は、私学法施行規則、学教法、同法施行令、同法施行規則等に、学則に関連する規定が置かれています。

 学則は、私立学校法に基づく寄附行為、労働基準法に基づく就業規則とともに、学校法人の内部規則の三大規程と言うべき重要な規程です。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学校債】学校債の発行について【学則】 学則変更の手続き