【決算】修学旅行預り金の表示方法【補助金】補助金で購入した少額物品

2013年05月08日

【決算】予算超過で科目流用した場合の注記の有無

案内3こんにちは! 今日は、幼稚園さんの決算でのご質問です。

 

 

 

 

 

<Q>予算超過で科目流用した場合の注記の有無

 科目流用した場合に資金収支計算書等でその事実がわかるように注記する必要があるのでしょうか。予備費を利用した場合は、注記すると聞いたので迷っています。

 

<A>

 確かに予備費の使用については基準の第1号様式・第4号様式の(注)により予備費使用の注記が求められています。しかしながら、予算科目流用時の表示方法は学校会計の法規集では定めがありません。

 

 つまり、予備費の科目間の流用については、注記することの定めはありません。

 わかりやすい計算書類を作る観点からは(基準第2条L昔得の原則)科目間の流用額を予備費の注記に準じて注記することが望ましいと考えられますが、学校会計法規では強制されておりません。

 従って、幼稚園さんが会計士さんと相談して注記の有無をご相談して決めることになるでしょう。

 

※予備費の使用・科目間の予算流用の場合の注記

予算の利用方法

注記の要否

根拠

予備費の使用

強制

1号様式()3・第4号様式()

科目間の流用

任意

規定なし。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 計算書類 | ☆ 予算

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【決算】修学旅行預り金の表示方法【補助金】補助金で購入した少額物品