【収入】教科書、問題集、参考書の販売収入【決算】財産目録と貸借対照表の関係

2013年03月27日

【大学】掛金を財源としない退職資金の交付金

退職金こんにちは! 大学法人さんでのご質問です。

 

 

 

 

 

 

<Q>掛金を財源としない退職資金の交付

 研修会で「掛金を財源としない退職資金の交付(つまり利息部分)は、退職資金として交付されるという点においては、従来の掛金を財源とする場合と同じなので、(大科目)雑収入(小科目)私立大学退職金財団交付金収入で処理することになります。」と説明がありました。掛金を財源としない退職資金の交付とは何ですか?

 

<A>

 「掛金を財源としない退職資金」は、会計法規集には登場しませんが、月報私学(平成23年2月号)に「掛金を財源としない退職資金交付事業」の説明があります。

 

掛金を財源としない退職資金交付事業の概要は以下のとおりです。

1.事業の目的

 団塊の世代が退職年齢を迎え、退職者が急増すること、また、私立大学等を取り巻く経営環境が急激に厳しさを増している状況を勘案し、学校法人の掛金率の低減・安定化を図ることが目的です。

 

2.事業の概要

ヽ欟發任呂覆、退職資金支払準備特定資産(財団が保有している利息等蓄積額)を財源に充てます。

各学校法人に交付される退職資金支払準備特定資産を財源とする交付額は、全維持会員の掛金累積額に対する当該学校法人の掛金累積額に比例して計算されます。

23年度は、交付金の財源として掛金より優先して退職資金交付に充てます。学校法人ごとに計算した額が、当該学校法人の23年度の退職資金交付額を上回る場合には、当該超過額は翌年度以降の交付金に順次充当します。

そ偲した額は、維持会員資格喪失時の清算金の算定時に用いる退職資金交付金累積額から除かれます。

 

 

<早わかり> 

 「掛金を財源としない退職資金」は、利息として蓄積された部分と理解します。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:26│Comments(0)TrackBack(0) ■■収入/雑収入 | □□ 支出/人件費

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【収入】教科書、問題集、参考書の販売収入【決算】財産目録と貸借対照表の関係