【運営】 寄附行為の記載事項(2/2)【人事】 使用人兼務理事長の誕生!?

2013年01月17日

【運営】 寄附行為の記載事項(1/2)

案内3

こんにちは! 今、寄附行為の見直しをしている準学校法人さんからの寄附行為記載事項ご質問です。

 

<Q>今、寄附行為の見直しをしております。法律に従っているか注意しながら見直しております。寄附行為の内容を私立学校法の関係を考えながら、上手く整理して下さい。

 

<A>

 私立学校法と寄附行為の関係は3種類に整理されます。「法定の必要的記載事項」「寄附行為に定めを委ねられた必要的記載事項」「任意的記載事項」の3つです。

 今日は、寄附行為の記載事項の項目出しには、「学校法人諸規定の整備と運用(第五版)」p611(法友社)の力を借ります。

 

1.法定の必要的記載事項

 必要的記載事項ですが、内容が私学法で画一的に定められている。

  

(1)目的………〇篶学校の設置

      (私学法3条。以下、私学法は省略)

(2)組織規定…ヾ麌躪坩戮良要的記載事項

      (30条ヽ胴耄鶺。収益事業に関する部分を除く。)

(3)管理機関

 ア 理事

   〕事の最低数5人(35条 

   校長(学長、園長を含む。)の理事就任及び

    評議員の必要的理事選任(38条´◆

   L魄親族の就任制限(38条А

   し膤併由(38条8項)

   ゲ祥事及び特別代理人(40条の3,40条の4

 イ 理事長

   〕事のうち1人の理事長就任(35条◆

   ⇒事長の職務(36条、37 4142 46等)

   M事長の職務代理・代行(37条◆

 ウ 理事会

   〕事会の設置(36条 

   ⇒事会による業務決定(36条◆

   招集権者(36条)

   さ陳后36条ぁ

   ツ蠡数及び議決数(36条キΑ

 工 監事

   ヾ道の最低数2人(35条 

   監事の選任方法(38条ぁ

   L魄親族の就任制限(38条А

   し膤併由(38条─

   ネ事、評議員又は職員との兼職禁止(39条)

   Υ道の職務(37条)

 オ 評議員会

   ”承聴会の設置(41条 

   評議員数は理事定数の2倍超(41条◆

   職員及び卒業生の必要的評議員選任(4412号)

   ぞ圭幻⊆圈41条)

   ド承聴による招集請求(41条ァ

   δ蠡数及び議決数(41条ΝА

   Щ靆篁項その他評議員会の職務42l6号、4346

 

→掲載文字数の関係で2回に分けて掲載します。



kaikei123 at 07:16│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運営】 寄附行為の記載事項(2/2)【人事】 使用人兼務理事長の誕生!?