【サブノート10】知事所轄学校法人の会計ルール【退職金】業務方法書って何ですか?

2012年11月26日

【重要性】重要性で選択する会計処理は?

サブノートこんにちは! ある学校会計の会合で出た話題です。

 

<Q>学校法人会計で重要性の判断で会計処理を選択できるものには、どんなものがありますか?

 

<A>

 代表的なものを引き抜いてみました。

1.固定資産

(1)期中取得資産の減価償却の簡便法

 会計年度の中途で取得した固定資産に係る減価償却額の計算は、当該資産について計算される年間減価償却額を月数按分したものによるほか、次の簡便法を採用している場合も、重要性のない場合には、妥当な会計処理として取り扱うことができる。

イ.取得時の会計年度は、償却額年額の2分の1の額により行う。

ロ.取得時の会計年度は、償却を行わず、翌会計年度から行う。

ハ.取得時の会計年度から償却額年額により行う。

(根拠:「学校法人の減価償却に関する監査上の取扱いについて」学校法人委員会報告28号)

<コメント>減価償却の方法は経理規程で定めておくことが必要です。

 

(2)リース取引…利子抜き法と利子込み法の選択

 ファイナンス・リース取引における通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理方法としては、利子抜き法と利子込み法があり、利子抜き法を原則とし、利子込み法は、リース対象資産の総額に重要性が乏しいと認められる場合に適用することができる。

ただし、リース取引の対象が経費となるものについては、利子込み法を原則とする。

(根拠:リース取引に関する会計処理について(通知)(H20。高私参第2号)

<コメント>いわゆる10%基準ですね。実務では、ほとんどの学校で利子込み法でしょう。

 

 

2.注記関係

 文科省の参事官通知からの引用です。

「況彁蚕駑爐遼尾に記載する注記事項の追加

(第34条関係)

(2)このほか、重要な会計方針には、

 〕価証券の評価基準及び評価方法、

 △燭焚兄饂困良床全霆犁擇喇床訴法、

 3芦澤資産・負債等の本邦通貨への換算基準、

 そ衢権移転外ファイナンス・リース取引の処理方法、

 ネ造蟠發修梁招于畊猝椶坊犬觴支の表示方法、

 食堂その他教育活動に付随する活動に係る収支の表示方法、

等が考えられ、これらについて重要性があると認められる場合に記載すること。

 

(4)その他財政及び経営の状況を正確に判断するために必要な事項としては、

 〕価証券の時価情報、

 ▲妊螢丱謄ぅ崋莪、

 3惺史/佑僚仍颪砲茲覯饉劼坊犬觧項

(※学校法人の出資会社に係る事項は、「学校法人の出資による会社の設立等について(通知)」(H13年。13高私行第5号)により、該当がある場合に必ず記載しなければならないことになっています)

 ぜ腓奮芦澤資産・負債、

 ザ発債務、

 所有権移転外ファイナンス・リース取引、

 Ы祿曚派充┐靴進篏活動に係る収支、

 ┫慙当事者との取引、

 後発事象、

等が考えられ、これらについて重要性があると認められる場合に記載すること。」

(根拠:「学校法人会計基準の部改正に伴う計算書類の作成について(通知)」。H17高私参第1号)

 

 他にもありますが、今日は代表選手の登場でここまでです。



kaikei123 at 07:12│Comments(0)TrackBack(0) 《特集》大科目などのサブノート 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【サブノート10】知事所轄学校法人の会計ルール【退職金】業務方法書って何ですか?