【速報】在り方検討会(第4回)が開催される。【サブノート1】 収入科目(大科目)のルール整理

2012年11月09日

【親族】学校法人の親族制限

家族3こんにちは! 私立高校の事務局長よりご質問です。

 

<Q>当法人では、理事長、その長男が理事におります。この度、評議員に理事長の長女が加わる予定です。この場合、学校法人では、親族は役員で合計2人までと聞いておりますが、当法人では、問題ないのでしょうか?

 

<A>

 私立学校法では、役員のうちに,各役員についてその配偶者又は三親等以内の親族が1人を超えて含まれてはならないことと定めています(私立学校法第37条第7項)これは、学校法人の公益性を確保するために同族の専断経営を排除するための規定です。

 

 さて、貴法人の場合ですが、理事長とその長男は、三親等以内の親族で2人になりますので、役員にはもう三親等内の親族は入れません。

 

 しかしながら、私立学校法では役員は理事と監事のことを言い、評議員は役員には含まれません。ですから、理事長の長女の評議員への就任は、特に私立学校法では問題になってきません。



kaikei123 at 07:27│Comments(1)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2013年04月20日 21:38
5 専断経営の私学はまだあるのですが、特定の親族の言いなりになる人物を多く入れていれば専断経営ができてしまいます。特定の理事に権限が偏らないような、役員の民主的な選抜方法を導入できませんか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【速報】在り方検討会(第4回)が開催される。【サブノート1】 収入科目(大科目)のルール整理