【新着】学校基本調査速報、公表される【基本金】車輛から備品への振替の可否

2012年09月18日

【税務】 開始貸借対照表のひな形

スタートこんにちは! 今日は、収益事業を始める専門学校さんからのご質問です。

 

売店<Q>この度、校内に購買部を設けて各種教材を販売することになりました。この場合、税務上は、一部物品販売業に該当する取引があると言うことで、税務署に届出をします。

 ここで、収益事業を開始するので、税務署に「収益事業開始届出書」を提出するのですが、その際に添付する「収益事業開始の日における収益事業についての貸借対照表」のひな型はありませんか。

 

<Q>

「収益事業開始の日における収益事業についての貸借対照表」は特に法定の書式はありません。一般的な書式は下記の感じです。数字は、貸借対照表のイメージをはっきりさせるために入れてみました。

 

             貸借対照表 

          (○○年○○年○○日)

                   (単位:円) 

資産の部

金額

負債の部

金額

流動資産

 現金預金

 商品

固定資産

 器具備品

 

 

 

  50,000

300,000

 

150,000 

流動負債

 未払金

 負債合計

 

 30,000

 30,000

  純資産の部

金額

元入金

利益剰余金

純資産合計

 470,000

 

 470,000

  資産合計

500,000

負債・純資産合計

500,000

 

元入金が特徴的な勘定科目ですね。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) ◎ 税務 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【新着】学校基本調査速報、公表される【基本金】車輛から備品への振替の可否