【基本金】資産を部門間移動した場合の部門別計算【改正動向】平成25年 学校法人会計基準改正

2012年09月11日

【改正動向】平成25年学校法人会計基準改正の動き

基準改正2こんにちは! 今日は、平成25年学校法人会計基準改正の動きです。文科省の公開資料から基準改正の動向を少しお知らせいたします。

 

 文科省では、「学校法人会計基準の諸課題に関する検討会」(平成20年4月〜23年3月)を設けて学校会計の今後の諸課題の検討してきました。

 

 そして、現在、文科省では学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める段階に入りました。この有識者の集まりは、「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」と言います。今年8月〜12月までに7回、会合を設け、来年の3月末を目処に改正基準を公表する予定です。

 

 現在、第1回の在り方検討会が828日に行われました。第2回は924日の予定です。

 

 以下は、文科省のホームーページからです。

 

<学校法人会計基準の在り方に関する検討会について>

平成2487

高等教育局長決定

1.目的

 学校法人をとりまく経営環境が大きく変化する中、公教育を担う学校法人の経営状況に関して、社会に対する説明責任が一層求められている。また、近年、世界的な会計の動向から、諸会計基準において様々な見直しが行われているところである。

 

 このような状況に鑑み、私立学校の特性を踏まえ私立学校の振興に資するよう、一般に分かりやすく、かつ経営者の適切な経営判断に資する計算書類とすることを目的に、学校法人会計基準の在り方について有識者による検討を行う。

 

2.実施時期

 この検討会の時期は平成248月から平成2412月までとする。

 

3.庶務

   この検討会に関する庶務は、高等教育局私学部参事官において行う。

 

 

<学校法人会計基準の在り方に関する検討会スケジュール(案)>

回数  日時             内   容

1  H24.8.28  ・前回検討会の論点整理で課題とされた

          事項についての説明

 ・各委員の自由な意見交換

2  H24.9     ・財務三表の体系について

3  H24.10  ・財務三表の体系について

4  H24.10◆ ・その他の論点について

5  H24.11  ・その他の論点について(予備日)

6  H24.11◆ ・報告書案について

7  H24.12    ・報告書案について

 

○その後のスケジュール(イメージ)

 平成251月〜3月省令改正手続き(H25.3末省令改正)

 その後、少なくとも1年程度の準備期間を経て施行

 

 

もっと詳しいことは、文科省のホームページにあります。

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 

今日は、ここまでです。

 



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) 【★H27年施行 学校法人会計基準改正】 | 【新着】

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】資産を部門間移動した場合の部門別計算【改正動向】平成25年 学校法人会計基準改正