【速報】「学校法人会計基準の一部を改正する省令」(案)公表される【収入】教科書、問題集、参考書の販売収入

2013年03月25日

【注記】補助活動事業(純額表示)の注記は2つ

食堂こんにちは!今日は、研修会に参加された大学の法人本部の方からご質問をいただきました。

 

 

 

<Q>補助活動事業の注記(純額表示)

 当法人では、従来、業者に委託していた学生食堂を学校で運営することになりました。この場合、補助活動事業になると思うのですが、会計処理は純額表示にしたいのですが、この場合の注記の方法を教えて下さい。

 

<A>

 補助活動事業の収支については、総額表示を原則として、純額表示も認められています(基準5条)。どちらを採用するかは法人が選びます。

 今回の場合、学生食堂の補助活動事業に重要性がある場合に、2つの注記が必要です。注記事項は7つありますが、「1.重要な会計方針」と「7.その他財政及び経営の状況を正確に判断するために必要な事項」の2つです。

注記例は、「学校法人会計基準の一部改正に伴う計算書類の作成について(通知)」(平成17年。文部科学省高等教育局私学部参事官通知 17高私参第1号)にあります。この注記例を参考にしてみます。

 

1.重要な会計方針

(2) その他の重要な会計方針

食堂その他教育活動に付随する活動に係る収支の表示方法

 …補助活動に係る収支は純額で表示している。

 

7.その他財政及び経営の状況を正確に判断するために必要な事項

(7) 純額で表示した補助活動に係る収支

純額で表示した補助活動に係る収支の相殺した科目及び金額は次のとおりである。

支出

金額

収入

金額

人件費支出

×××

補助活動事業

(売上高)

×××

管理軽費支出

×××

    計

×××

×××

総額

×××

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) ☆ 注記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【速報】「学校法人会計基準の一部を改正する省令」(案)公表される【収入】教科書、問題集、参考書の販売収入