【人件費】人件費の部門計上【私施行令】第1条(登記の届出等)

2012年07月20日

【私学法施行令】はじまります。

案内 こんにちは! 昨年の夏休みは、私立学校法(本法)を各条ごとに読み解いていきました。今年は、本法に続く、私立学校施行令と私立学校法施行規則を読み解いて行きます。

 

 まず、一般論で、本法、施行令、施行規則の相違をご説明します。

種別

意味

本法

国会の決議で成立した法律のこと。

改正も国会で決められる。

私立学校法

施行令

法律の規定を実施するために内閣が制定する命令(政令)。本法から全く独立した施行令はない。

私立学校法施行令

施行規則

各大臣が、政事務や法律・政令を施行するため各省庁で制定します(省令)

私立学校法施行規則

 

 少しだけ、私立学校法施行令の紹介を今日します。

■私立学校法施行令

まず私立学校法施行令の歴史をつかみます。ここは専門書の力を借ります。

「私立学校法施行令は、私立学校法制定時に学校法人の登記に関する規定を定める「学校法人登記令」として制定されたものが、昭和三十五年、都道府県知事の処理すべき事務を新たに規定する際に「私立学校法施行令」に改名されたものである。その後、登記手続関係規定については、他の医療法人、社会福祉法人等と共通して組合等登記令が定められたことにより削除された。」とあります。(松坂先生。「逐条解説私立学校法」(p480より引用)、学校経理研究会H22)

 

実際に施行令を読んでみると現在、全部で6条です。1条〜第3条は、学校法人が行うことで、4条〜第6条は知事が行うことになっています。

第1条 登記の届出等

第2条 都道府県知事を経由する事務

第3条 文部科学大臣に対する協議

第4条 学校法人及び法第64条第4項の法人の台帳の調製等

第5条 台帳等の保存

第6条 事務の区分

 

 来週から私立学校法施行令を読み解いて行きます。



kaikei123 at 07:23│Comments(0)TrackBack(0) 【法】 私学法施行令・ミニ逐条解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【人件費】人件費の部門計上【私施行令】第1条(登記の届出等)