【休憩室】 ラベンダー。今日から6月。【理事・評議員】 「互選」って何?

2012年06月04日

【理事】平理事と学校の利益相反取引

利益相反こんにちは! ある学校の今年度の決算理事会であった特別代理人のご質問です。

 

 

 

<Q>平理事と学校の利益相反取引

 平理事が所有する土地を幼稚園が購入することになりました。この場合、特別代理人の選任はいるのですか?

 

<A>

 学校運営では、理事(個人)と学校法人(法人)の利害が相反する場合には、学校法人の利益が損なわれないように特別代理人の選任が必要とされています。

 

まず私立学校法の規定を確認してみます。

(利益相反行為)

40条の4 学校法人と理事との利益が相反する事項については,理事は,代理権を有しない。この場合において,所轄庁は,利害関係人の請求により又は職権で,特別代理人を選任しなければならない。

 

 単純にこの条文を読むと、「学校と理事との利益相反取引は、理事は代表権を有しない。」 とあるので、代表権を持つ理事の場合は、特別代理人の選任は必須のように読めます。

 それでは、平理事と学校の利益相反取引の場合はどうなのでしょうか?

 

 これは、私立学校法の専門書に助けてもらいます。

「13 特別代理人

学校法人と理事との利益が相反する事項については、理事は、学校法人の代理権(代表権)を有しない。この場合において、所轄庁は、利害関係人の請求により又は職権で、特別代理人を選任しなければならない(私学法40条の4)

例えば、学校法人の代表権が理事長のみにあるときに、理事長個人の所有する土地を学校法人が買う場合がこれに当たる。

 

この場合、理事長以外の理事の所有する土地を買うときは、この規定には該当しない。しかし疑惑を避けるため、理事会の議決を経ておくことが望ましいことはいうまでもない。

 

この規定に違反して、利益相反行為を行った場合、その法律行為は無権代理行為となり、原則として学校法人に対して効力を有しない。

(出典:解説私立学校法(新訂版)p242。H22年。俵正市先生。()法友社。)」

 

 すばり答えが出ていました。今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:23│Comments(2)TrackBack(0) ◎ 法人運営 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by どっちにつくの   2012年08月07日 14:50
たとえば学校法人学園がその理事長から不動産を購入する場合は特別代理人が選定されると思うのですが、特別代理人はどっちにつくのが通常ですか。買うほうですか売るほうですか?もしくは個人につけるというルールですか?はたまた双方に特別代理人がつくのですか。利益相反を避けるためだから個人と学園に同一の者が特別代理人につくことはありえないですか。
2. Posted by 事務局   2012年08月09日 08:59
学校法人の利益を守るのが、特別代理人です。
特別代理人は学校法人の理事長個人の代理人です。
よろしくお願いいたします。  (事務局)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【休憩室】 ラベンダー。今日から6月。【理事・評議員】 「互選」って何?