【実例】決算:計算書類作成の注意点(3)【決算】忘れがちな消費収支の注記

2012年04月19日

【実例】決算:計算書類作成の注意点(4)

注意こんにちは! 学校会計の研修会(4月9日)に出席しました。その場で、計算書類の作成で誤りやすい諸点の説明がありました。基本的な項目ですが、役立ちそうなのでご紹介いたします。なお、口頭での説明を急いでメモしたので、だいたいの再現です。今日は第4回で最終回です。

 

<目次>

 第1回 全般

 第2回 貸借対照表  

 第3回 基本金明細表

 第4回 収益事業  ←今日は、ココ!

 

4.収益事業

項目

内容

「学校会計の広場」事務局説明

収益事業

収益事業に係る計算書類は一般に公正妥当と認められる企業会計の原則に従って作成されているか。

  

 

基準3条

 

 

今日の本題はここまでです。

今日は、スペースが余っているので少し補足します。

教育研究事業を目的とする非営利の教育研究活動の経理は、学校法人会計基準に従います(基準第1条)。

 これに対して、私立学校法の副業とも言える収益事業の会計処理は、企業会計の会計原則によります(基準第3条)。

 ズバリ図解してみます。

 

教育研究事業

収益事業

営利性

非営利

営利

(私立学校法第26条)

部門

学校部門

収益部門

会計ルール

学校法人会計基準

(基準第1条)

学校法人会計基準

(基準第3条)

作成する計算書類

学校法人会計基準に従った計算書類

企業会計の会計原則に従って計算書類

 

 特に民間企業から学校法人業界に入られた方は、この区別が苦手なようです。企業会計の頭で学校会計を考えがちです。

 学校法人会計を理解するコツは、まず学校法人制度、つまり私立学校法を理解することが近道です。学校法人制度を理解しないで企業会計の頭で学校会計を考えると、基本金(消費収支計算書)、資金調整勘定(資金収支計算書)、減価償却引当預金(貸借対照表)などの理解がなかなかできません。



kaikei123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) 《特集》計算書類作成の留意点 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【実例】決算:計算書類作成の注意点(3)【決算】忘れがちな消費収支の注記