【人件費】本務教員と兼務教員の区分の実務【経費】教育研究経費と管理経費の区分

2011年12月12日

【支出】人件費と経費の違い

校医こんにちは! 今日は、S県の私立高校でのやりとりです。

 

<Q>校医が行う健康診断、歯科検診について、検診代を払うのですが、人件費なのか経費なのかよくわかりません。人件費と経費の違いを教えて下さい。

 

<A>

各学校を訪問していて、人的サービスの支払いを人件費にするか経費(委託料、支払報酬、報酬委託手数料など)にするか、区別について聞かれることがあります。

整理すると学校が労働サービス代を払う場合には、本人との関係を法律的にみると、「雇用契約」「委託契約」「請負契約」の場合がみられます。

雇用契約は、学校の指揮・命令に従って仕事をするところに特徴があり、学校会計では「人件費支出」になる部分です。

一方、請負や委任は、学校の指揮・命令を受けることなく自らの判断で仕事をしますが、労務提供者に大幅な裁量権がありません。

さらに、請負と委任の違いは、仕事の完成が条件になっているかが違います。請負は仕事が完成して初めて報酬を受け取ることができますが、委任は仕事の完成をしなくても報酬を受け取ることができます。  

 学校会計では、学校と雇用契約のある場合を人件費支出、委託契約や請負契約の場合は経費支出にします。

 

 

雇用契約

委託契約

請負契約

指揮・命令

学校主体

本人主体

本人主体

仕事の完成

必須でない

必須でない

必須

学校会計

人件費支出

経費支出

経費支出

 

 契約形態自体で、学校会計の勘定科目が変わるわけですが代表例をいいますのでご参考にして下さい。

■雇用契約…教員、職員、役員報酬(これは委任契約だけど人件費支出にする決まり)、アルバイト、臨時職員

■委託契約…清掃委託契約、人材派遣会社からアルバイト、公認会計士との監査契約、弁護士との顧問契約

■請負契約…原稿料・翻訳料・設計料など仕事の完成(成果物)に対して対価を支払う仕事。

 

校医が行う健康診断や歯科検診代は契約しだいです。委託契約にする場合は経費、雇用契約の場合は人件費支出になります。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) □□ 支出/人件費 | □□ 支出/経費

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【人件費】本務教員と兼務教員の区分の実務【経費】教育研究経費と管理経費の区分