【私学法第67条】(類似名称の使用禁止の罰則)【報酬】役員の社会保険料の表示

2011年11月14日

【資産】「有価証券」勘定の不思議??

有価証券こんにちは梶間です。最近は、原稿を執筆していてご無沙汰してしましました。

今日は、税理士の先生からのご質問です。

 

<Q>学校会計では、学校が有価証券を持つ場合、貸借対照表の様式では、固定資産にも流動資産にも「有価証券」があります。企業会計なら固定資産の有価証券は「投資有価証券」なのではないでしょうか??

 

<A>

学校法人会計基準には、流動資産と固定資産にある有価証券の区別についての解説はありません。

 そこで、一般の会計原則に戻り企業会計をみてみると、有価証券は、「売買目的有価証券と一年以内に満期到来する有価証券」とあり、投資有価証券はそれ以外ということになります。

 では、学校会計の実務はどうかというと、有価証券の流動・固定分類は、保有目的の長短で区分しています。

 

 なぜ、投資有価証券がないかといえば、学校法人は公共性の高い教育研究事業を実施する法人であることから、有価証券の運用は元本の確実性を考えて安全サイドを重視し、「投資」と想定していなかったと考えられます。学校法人では、長期的な資金の運用はしても投資はしないのが前提です。だから、長期保有の資金を固定資産の部の「有価証券」と記載科目を指定し「投資有価証券」としなかったと考えられます。



kaikei123 at 23:27│Comments(1)TrackBack(0) ★ 有価証券 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 飯野   2011年11月17日 17:26
今度は、寄付金と寄附金の違いを教えてください

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法第67条】(類似名称の使用禁止の罰則)【報酬】役員の社会保険料の表示