【私学法56条】(合併の効果)【私学法第59条】(助成)

2011年10月06日

【私学法第57条】(合併の時期)

合併こんにちは!合併の規定は、52条から57条まで6条ありますが、今日が最後の規定第57条(合併の時期)です。

 

【私立学校法第57条】(合併の時期)

学校法人の合併は、合併後存続する学校法人又は合併によつて設立する学校法人の主たる事務所の所在地において政令の定めるところ(※組合等登記令第8条)により登記をすることによつて効力を生ずる。

 

【説明】

1.    本条の趣旨

本条は、学校法人(準学校法人含む)の合併は、合併後の学校法人が主たる事務所の所在地において、組合等登記令第8条の定めにより必要な登記をすることによって効力を生じると定めています。

 

2.    合併の効力発生時期

 合併の効力は、「主たる事務所の所在地」において、吸収合併の場合には変更登記と解散登記のとき、新設合併の場合には新設登記と解散登記をしたときに生じます。

 

今日で合併はひとまず終わりです。



kaikei123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) 【法】 私立学校法・ミニ逐条解説 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法56条】(合併の効果)【私学法第59条】(助成)